うい  ウイ  ui
うひ  
ウヒ  uhi
うゐ  ウヰ  uwi

 

【(生)・初】
生み。始め。

『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』ホ4
『さかいにてまつ ふつぬしか さかむかひして うゐまみゑホ11
『かすかまた ういおしれるや あめにうけ あめにかえるそ』ホ13
『あめつちひとも わかさるに ういのひといき うこくとき』ホ14
『さるたはみちの ういおとふ こやねこたえて きつのなお』ミ1
『このういなめは いまののと こほしまつりて をめくりに』ミ7
ういのゐつねは みとてあし とめのみつねは あめつちと』ミ10
『ねこえのういの みをしゑお きかまほしけの こひねかひ』ミ10
ういのめくりは あのおして あめつちわかつ かたちなり』ミ10
『ひとのういねも あにあきて くちふさきふく いきむれて』ミ10

うふ(生ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・在る/現る」などの意。

変態:「うふ(初・産)」「うみ(生み)
派生語:「ういなめゑ(初嘗会)」「うゐまみゑ(初見え)」

 
 

【(結・終)】
結び。締め。納め。終り。

『かれにいまとく よかのはた したえはういに みおをさむ』ミ1

 
うふ(結ふ/終ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・締める・結ぶ・納める」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・熟れる・至る・完了する」などの意。

変態:「うや(結・終)

 
 

【(結生)】
(陽と陰が)結んで生むこと。

『あめのやわしは それならす うゐのあわねは なりはゐお おしすくるなり』ミ10

うふ(生ふ・結ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・生む・結ぶ」などの意。

  

10/06/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】