なめゑ  ナメヱ  namewe

  

【嘗会・(和合)】
人と神の和合・同調、およびその儀式。

『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』ホ4
『にしこりは ゆきすきみやの おおなめの ゑのときのはそ』ホ23
『あやおりは はにのやしろの さなめゑに すきいのるはそ』ホ23
『みつほには にはりのためし ゆきすきの ををんまつりの おおなめゑホ26
『やまうみと とみことたまは はにすきの なめゑにつけて』ホ27

 
なめ(和・嘗)」と同義語「ゑ(合・会)」の連結。
どちらも「合わせ・纏り・和合・同調」などの意。

類語:「なめ(和・嘗)」「なめこと(嘗事)」「なゑこと(嘗事)」「まつり(纏/祭)まつりごと(纏りごと)

  

09/11/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】