おおなめゑ  オオナメヱ  oonamewe
おおなめのゑ  オオナメノヱ  oonamenowe

  

【大嘗会】
神の和合・同調の儀式の最高最大なるもの。
(和つ日月となったことを天地に知らせる意味を持つ)

『にしこりは ゆきすきみやの おおなめの ゑのときのはそ』ホ23
『かえるにはりに ゆきすきの みやにいのりの おおなめゑホ24
『あやにはおとめ おるにしき おおなめまつる みははこれ』ホ24
『みつほには にはりのためし ゆきすきの ををんまつりの おおなめゑホ26

 
おお(大・上・央)」+「なめゑ(嘗会)

類語:「おおなめ(大嘗)」「ををんまつり(大御祭)ををまつり(大祭)」「あわのかみまつり(陽陰の神祭)

  

09/10/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】