エ  e
  
ヱ  we

  

【合・和・結・得・会・重】会わせ。寄せ。結い。交わり。重なり。集い。

『おはひめか こゑねのくにに みはおりて たてまつるとき』ホ4
『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつり』
ホ4
『やはやつならす ももちよろ かさぬるふしの やえかきそ』ホ23
『としのあさ うたえそむるお とりみれは わかのうたあり』ホ25
『わかくにお うはわんやわと くさえさか たたかひあわす』ホ29

全部見る 

【合・和・間】同上。 合い。間。中。中間。

『ひめひとなりて おきつしま さかむゑのしま いつくしま』ホ7

【合・和・似・絵】同上。 合わせ。似せ。写し。コピー。

『なんちくにゑお うつすへし やまとめくりて みなかく』ホ6
『ものぬしは うみへおにしに めくりつつ さしゑにあらた おこさしむ』ホ24
『とりたすきとて はにゐます こもりになす』ホ24
『ものぬしは きたよりめくり こゑにきて かのおすすむ』ホ24
『ひとゑたにたり ひゑのやま そのいけみつか たのそろに』ホ24

全部見る 

【合・和・結・治】同上。 合わせ。寄せ。結び。治め。 =をし・をさ

『やまひあらねは なからえり すみゑのをきな これおしる』ホ1

【合・和・好・愛】同上。 (心に)合うさま。気に召すさま。好ましいさま。

『めはあなにえや ゑをとこと をはわなうれし ゑおとめと』ホ3

【餌】同上。 合わせ。寄せ。連り。誘い。

『みふねかつさえ あほのはま みさこゑはむお たみにとふ』ホ40
『ふのやまに おもひつくみの とりゑなみ みにいたつきの いるもしらすて』フふやま
『ふのつるは とみもよひなき とりゑなみ たつはなやかの ゐもやつくらん』フふつる

【得・能・敢】(打消の語を伴って) 〜できない。

『やしまなる よろますたみも うくめきて みちならえぬも ことわりと』ホ4
『いかりひの あおたまはけは すすみゑす
ホ8
『みはのあやくさ ちよみかや もろくわんとて にてにかし たれもくわホ32

【江・彫】ゑる(彫る)の名詞化。地を分けるもの。裂け目。=川・堀・濠

『かうちくさかの あうゑもろ やかたにいくさ ととのひて』ホ29

【水】エの母音。水を表す。

『あいうお うつほかせほと みつはにの ましわりなれる みなかぬし』ホ18
『あはうつほ いはかせうはほ のみつと おのはにゐつね ましわりて』ミ10

【方・辺・間・場・代】区分。区画。

いにしえの あめつちうひの きはなきに きさしわかるる あうのめを』ホ2
『ぬかおたまかき うちみやと これここのに くらふなり』
ホ10
『そのそとは なもとこしなえ やすみきは やいろのにきて』ミ6

【襟・縁・方・辺・端】襟。へり。ふち。端。麓。周辺。

よしのをのゑの ゐひかりも いわわけかみも いてむかふ』ホ29
『またみみたれも むさほりて たみおかすむる みけかわホ38

【枝】=えた。派生。派出。突出。 また真榊の1枝=60年。

『やよろとしへて ふそふすす ゐもゐはつに』ホ6
『つはものぬしか まさかきの かんゑはにたま』ホ7
なかつゑに まふつのかかみ しもにきて かけゐのらんと』ホ7
『ふそゐすす こそみとしの さあゑなつ かくゑしほみて』ホ10
『われみるすすき ちゑよたひ わかみもことし ふそよよろ』ホ15

全部見る 

【回・輪・環・重】回り。循環。行き来。繰り返し。重ね

ゑかひとたひの みけはこれ』ホ1
『いまみそひとは このをしゑ あめのめくりの みむそゐホ1
『はたれみたりか さきみたれ いくかわりて おとろかす』ホ8
『ぬかおたまかき うちみやと これここのに くらふなり』ホ10
『くにくにめくり まさかきの ふたゑみゑとゑ かつてなく』ホ28

全部見る 

【汚・穢】負の方向へ離れるさま。「おゆ(瘁ゆ)」→「おゑ(汚穢)」→「ゑ(穢)」 =

『さらりむしさり おはらひ やはりわかやき よみかえる』ホ1
『さやけをけらに とんともち ゑさるかみあり きさらきや』ミ9

【上・熟・大・敬・美・善・笑・吉・央】正の方向に離れるさま。

『しきしまのに ひとうまれ みそひかにかす めはみそふ』ホ1
『ふたかみは うきはしのに さくりうる ほこのしつくの おのころに』ホ2
『てれはうらむな あけらるも もへもよらす もとむなり』ホ16
『あまつひつきお わかみやに さつけたまいて おおゑきみ しのみやにます』
ホ26
『とよきもふさく みもろゑに きにむきやたひ ほこゆけし』ホ34

全部見る 

【上・兄・姉】同上。 =あに(兄)あね(姉)

ひゑのなは うつろゐのかみ つきのなは しなとへのかみ』ホ22
『すみよろし おころもらは おとおころ かたみにかわり』ホ22
はゆみやとり やまにかる とはうみにいり つりおなす』ホ25
『ともにむなしく さちあらす はゆみやかえ ちおもとむ』ホ25
『とはちおとられ よしなくて にいちもとめは はうけす』ホ25

全部見る 

【兄・上】同上。 地方の行政区画を治める1対の守の兄方。

ゑしきかいくさ いはわれの かなめによりて みちふさく』ホ29
『われきくくまそ あつかや おとせかやとて ひとのかみ』ホ38
『くまのかた おさくまつひこ ゑとおめす ゑひこはくれと おとはこす』ホ38

【ヱ】八元神「トホカミヱヒタメ」の「ヱの尊 (ヱ祖・ヱの神・ヱ元神)」。
   (「ヱ」 は 「ト」 の兄であった)

『みなかぬしより のみよに ましへりひたひ とのよにも ことふきかわり』ミ4
『はつにをうみの ゑとのこの みこあにつき をうみたす』ミ6
『ももはかりのち とのみこと にうけをさむ それよりそ』ミ6
にゆつるきり ひおまねき ふゆひをかえす』ミ6
のなめはねに しものなか ひうおまねけは かつめかみ』ミ7

全部見る 

  

10/03/15

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】