えた  エタ  eta
ゑた  
ヱタ  weta

  

【(支)・枝】
分れ。分岐。分派。派生。派出。発生。

『てりおれのあは またらゑた あひのてのあは にのたらち』ホ21
『くわのきは よもにさかえて ゑたもねも みつまたなりて そふほすえ』ミ4

 ●末端部。手足。 本体からの派生。

『かのちこお あめにおくれは かみのまえ えたそろはねは さらんとす』ホ12
『むなさわき つらにのほせは ゑたひゑて ひめもすなやみ みけたへす』ホ16
『むそとしの すはゑもむもに そゑたおえ むよとしちゑに つきかるる』ホ18
『ことひきはらに おはよえた おきてかわちの ふるいちに またよはおつる』ホ40

 ●祖(根)からの派生・連鎖。子孫。

『いまかなさきの ゑたかはね むなかたあつみ たすけしむ』ホ6
『いまはつつ うむこあり つらなるゑたの おしまこと はははたかひそ』ホ32
『そのあまり ゑたやはつこお やそつつき なおふかきむね ならいうくへし』ホ39

 ●横から出てくるもの。横枝。よこやり。

『たかみむすひの たたしゑた ことわりあれは みことのり』ホ10

 ●枝分かれが作るネット。伝達網。

『われみるに ひとのみやひは なさけゑた あめよりさつく たまとしゐ』ホ17
『みれはのそかん おもひあり ころふもおこす あわれゑたホ17

 ●1枝=60年。

『ふそひすす ももふそゐゑた としきしゑ はつひほのほの いつるとき』ホ4
『ふそひすす ももふそむゑた としさなと やよいついたち』ホ6
『ふそゐすす ももみそゑたの としさなと はるのはつひに』ホ192
『ひとゑたにたり ひゑのやま そのいけみつか たのそろに』ホ24

 
ゑつ(隔つ・放つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる/離す・分れる/分ける・放つ・発す」などの意。

変態:「えな(枝)
類語:「ゑ(枝)」「たね(種・胤)」「すえ(末)」「しも(下)」「はつこ(裔)
派生語:「たたしゑた(立たし枝)

  

10/03/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】