【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 コヱソフノキサキタツアヤ   こゑそふのきさきたつあや     還十二の后立つ文
  
 ミカサハニ ヨルモモトミノ  みかさはに よるももとみの    ミカサ端に     寄る百臣の
                                  (御蓋山麓)

 シメクニノ マツリタタシテ  しめくにの まつりたたして    統め国の      政 直して          
 
 サルタヒコ コヱオヒノテノ  さるたひこ こゑひのての    サルタヒコ     "コヱ" を "日の出" の
                                           (還・桑)

 ユエトエハ コヤネコタエテ  ゆえとえは こやねこたえて    故問えば       コヤネ答えて
 コレムカシ スクナヒコヨリ  これむかし すくなひこより    「これ昔       スクナヒコより

 ヲオナムチ ワレニサツケリ  をおなむち われさつけ    ヲオナムチ     我に授けり」
  
 カレムカシ タカミムスヒノ  かれむかし たかみむすひの    故昔         タカミムスビの
                                     <トヨケの尊が>

 ヤソキネト チヰモノコラニ  やそきねと ちゐもに    ヤソキネと     千五百の子らに
                                         <その>

 ヲシエニハ          をしえには            教えには
                                 教えるには
  
       トシタアメミヤ        としたあめみや              ト下和宮
                                          (別名:還和国の宮)

 コヱノミチ ミオマタクシテ  こゑのみち みおまたくして    還の道       身を全くして
                                 巡り恵む道      体を恵み健全を保って
 ナカラエリ          なからえ            永らえり
  
       コカイモオナシ        こかいおなし              蚕交ひも同じ
                                            (=桑)
 クワノキハ ヨモニサカエテ  くわは よもさかえて    の木は      四方に栄えて
                                             (東西南北)

 ヱタモネモ ミツマタナリテ  ゑたも みつまたなりて    枝も根も      三又成りて
                                         ("桑"は三つ又の木と書く)

 ソフホスエ          そふほすえ            十二穂末
                                  (四方×三又)
  
       ミモムソヰカノ        みもむそゐの              三百六十五日の

 ヒノメクリ ヒトセニナリテ  めくり とせなりて    日の回り      一年に成りて
                                     <は>

 ハルアキト ヨツニワカルル  はるあきと よつわかるる    春秋と       四つに分かるる
  
  

 クワノネモ ツキハソフタヒ  くわも つきはそふたひ    桑の根も      月は十二度
                               植物の根は月の霊によって
                               成長すると考えられていた

 ホシニアイ ナルソフツキハ  ほしあい なるそふつきは    星に合い      成る十二月は

 ソフホスヱ          そふほすゑ            十二穂末
  
       ムカシアマカミ        むかしあまかみ              昔 天尊

 ネオハミテ ミノシシメクリ  はみて ししめくり    根を食みて     身の肉 恵り
                                    (桑根)

 サメマタク イチコオハミテ  さめまたく いちこはみて    冴め全ぐ      イチゴを食みて
                                 健全となす      (果実)

 ウルホエハ          うるほえは            潤えば
  
       ナカラヒヨヨニ        なからひよよに              永らひ節々に

 タノシミテ ツクレハカエス  たのしみて つくれかえす    楽しみて      尽くれば還す

 ミハヨモツ ココロハアメニ  よもつ こころあめに    身は黄泉      心は陽陰に
                                  (骸)        (魂魄)

 カエウマレ          かえうまれ            還え 生まれ
                                  <また>
  
       ヰクタヒヨヨニ        ゐくたひよよに              幾度節々に

 タノシメハ ヒトノウマレハ  たのしめは ひとうまれは    楽しめば      人の生まれは

 ヒノテナリ マカルハイルヒ  ひのてなり まかるいるひ    日の出なり     罷るは入る日

 コヱノミチ オホヱウマルハ  こゑのみち おほゑうまるは    還の道       覚え 生まるは
                                 循環・輪廻の道   これを知れば、世に生まるるは

 ヒノテナリ          ひのてなり            日の出なり
                                 毎朝の日の出に同じ
  
       アメナカヌシノ        あめなかぬしの              アメナカヌシの

 モハカリヨ アメノメクリノ  もはかり あめのめくりの    百ハカリ齢     天の周りの
                                  1千万年の齢も      宇宙の外周の

 モヨトメチ ウマレマカルモ  もよとめち うまれまかるも    百万トメチ     生まれ罷るも
                                   百万トメチも    人が生まれて死ぬも皆

 ヒトメクリ モモヨロトシノ  ひとめくり ももよろとしの    一回り       百万年の

 コトフキモ ヒノヒメクリソ  ことふきも めくりそ    寿も        日の一回りぞ
                                           日の一巡と違い無し
  
  

 ヒトクサノ ナラシフヨホモ  ひとくさの ならしふよも    人草の       均し二万年も
                                  (民)       (平均寿命)

 ヒメモスノ モモノフタキレ  ひめもすの ももふたきれ    終日の       百百の二切れ
                                            (100×100)
  
 ナカミシカ イワスツラツラ  なかみしか いわつらつら    長短か        言わずつらつら  

 オモミレハ ミナカヌシヨリ  おもみれは みなかぬしより    思みれば      ミナカヌシより

 ヱノミヨニ マシヘリヒタヒ  みよに ましへりひたひ    "" の代に     増し減り一度

 トノヨニモ コトフキカワリ  にも ことふきかわり    "" の代にも    寿 変り
  

 クニミコト ヨタヒカワリテ  くにみこと たひかわりて    地尊        四度替りて
                                 地尊は      4度世代を交代して
                                          齢の増減もあったが

 トコタチノ ミヨハカワラス  とこたちの みよはかわら    トコタチの     代は変わらず
                                   クニサツチ・トヨクンヌの
  

 モハカリヨ          もはかり            百ハカリ齢
  
       ウヒチニヨリソ        うひちによりそ              ウヒチニよりぞ

 イサナキニ ミカワリイマノ  いさなきに かわりいまの    イサナキに     三変わり 今の
                                           3世代交代の
                                           間に齢も減り
  

 ヒトクサノ ヒヒタヘマスオ  ひとくさの ひひたへますお    人草の       弥々食べ増すを

 ツツシメト          つつしめと            謹めと
  
       コノナカラエオ        なからえお              子の永らえを
                                          (臣・民)    ホ23文

 オホスユエ ミチヲシエルモ  おほすゆえ みちをしえるも    思す故       道 教えるも
                                 <歌を成し>
  
 アマカミノ クワニメクラス  あまかみの くわめくら   『天尊の       桑に周らす 

 ハラノナノ ニカキニカタチ  はらのなの にかきかたち    ハ・ラの菜の     苦きに形
                                (ハホ菜ラハ菜)       (身体)

 カタクナシ モヨコトフキオ  かたくなし もよことふきお    頑く成し      百万寿を

 マモルヘラナリ        まもるへらなり          守るべらなり』
  
  
 アマテラス キミオコヱチニ  あまてらす きみこゑちに    和照らす      君を還道に
                                             国を恵る道に

 ナカラヱト ヲヲヒヤマサノ  なからゑと ををひやまさの    永らえと      太陽山下の

 トシタミヤ サラニツクリテ  としたみや さらつくりて    ト下宮       新に造りて

 フツナルオ アメニツクレハ  ふつなるお あめつくれは    悉 成るを      に告ぐれば
                                          (ヒタカミ)
  

 フソヒスス モモフソムヱタ  ふそひすす ももふそむゑた    二十一鈴      百二十六枝

 トシサナト ヤヨイツイタチ  としさなと やよいついたち    年サナト       三月一日
                                   (58穂)

 アメミコハ ヒタカミヨリソ  あめみこは ひたかみよりそ    陽陰御子は     ヒタカミよりぞ
                                (アマテル:87歳)

 ウツリマス          うつります            移ります
  
       フタカミヰメオ        ふたかみゐめお              二尊 傅侍を
           [ヱメ]
 ミコトノリ タカミムスヒト  みことのり たかみむすひと    御言宣       タカミムスビ
 ヤソキネカ モロトハカリテ  やそきねか もろはかりて    ヤソキネが     諸と議りて
  

 クラキネカ マスヒメモチコ  くらきねか ますひめもちこ    クラキネが     マス姫モチコ
     [ノ]

 ネノスケト ソノトメハヤコ  すけと そのとめはやこ    北の典侍と     その妹姫ハヤコ

 コマスヒメ ネノウチキサキ  こますひめ ねのうちきさき    コマス姫      北の内后
                                             (内侍)
  

 ヤソキネノ オオミヤミチコ  やそきねの おおみやみちこ    ヤソキネの     オオミヤミチコ

 キノスケニ タナハタコタヱ  のすけに たなはたこたゑ    東の典侍に     タナハタコタヱ

 キノウチメ          きのうちめ            東の内侍
  
       サクラウチカメ        さくらうち              サクラウチが姫

 サクナタリ セオリツホノコ  さくなたり せおりつほのこ    サクナタリ     セオリツホノコ

 サノスケニ ワカヒメハナコ  のすけに わかひめはなこ    南の典侍に     ワカ姫ハナコ

 サノウチメ          さのうちめ            南の内侍
  
       カナサキカメノ        かなさきかめの              カナサキが姫の

 ハヤアキツ アキコハシホノ  はやあきつ あきこしほの    ハヤアキツ     アキコ潮の

 ヤモアヒコ ツノスケウチハ  やもあひこ のすけうちは    八百会子      西の典侍 内は

 ムナカタカ オリハタオサコ  むなかたか おりはたおさこ    ムナカタが     オリハタオサコ

 オシモメハ トヨヒメアヤコ  おしもめは とよひめあやこ    乙下侍は      トヨ姫アヤコ
 

 カスヤカメ イロノヱアサコ  かすやかめ いろのゑあさこ    カスヤが姫     イロノヱアサコ

 サノオシモ          さのおしも            南の乙下
       カタカアチコハ        かたあちこ              カダアチコは

 ネノオシモ          ねのおしも            北の乙下
       ツクハハヤマカ        つくははやま              ツクバハヤマが

 ソカヒメハ キノオシモソト  そかひめは きのおしもそと    ソガ姫は      東の乙下ぞ」と
  
  

 ツキニヨセ ミコハアマヒノ  つきよせ みこあまひの    月に因せ      御子は太陽の  
                                (十二の月)

 クラヰノル ヒノヤマノナモ  くらゐのる ひのやまも    位 乗る       日の山の名も

 オオヤマソ カレオオヤマト  おおやまそ かれおおやまと    太山ぞ       故 太山下

 ヒタカミノ ヤスクニノミヤ  ひたかみの やすくにのみや    日高みの      和国の宮
                                (日の出=)
  
  

 キツサネノ ツホネハカワリ  きつさねの つほねかわり    東西南北の     は替り

 ミヤツカヱ          みやつかゑ            宮仕え
  
       ソノナカヒトリ        そのなかひとり              その中一人

 スナオナル セオリツヒメノ  すなおなる せおりつひめの    素直なる       セオリツ姫の

 ミヤヒニハ キミモキサハシ  みやひには きみきさはし    ミヤビには     君も階段
                                             (高御座の階段)

 フミオリテ アマサカルヒニ  ふみおりて あまさかるひに    踏み降りて     天下がる日に
                                           [陽陰下がる霊]
                                            [和栄る日]

 ムカツヒメ ツヒニイレマス  むかつひめ つひいれます    向つ姫       ついに入れます

 ウチミヤニ          うちみやに            内宮
  
       カナヤマヒコカ        かなやまひこか              カナヤマヒコが

 ウリフヒメ ナカコオスケニ  うりふひめ なかこおすけに    ウリフ姫      ナカコを典侍に
                                               <南の>

 ソナエシム ミナヲリツツリ  そなえしむ みなをりつつり    供えしむ      みな織り綴り

 ミサホタツ コレオコヨミノ  みさほたつ これこよみの    操立つ        これを暦の

 ウリフツキ カレコヱクニノ  うりふつき かれこゑくにの    瓜生月       故 還国の

 キミトタタヱリ        きみたたゑ          と称えり
  
  
 サルタヨリ モモノツカサモ  さるたより もものつかさも    サルタより     百の司も

 ヒノテエルカナ        ひのてえるかな          日の出 得るかな
                                 (運・恵り)

  

  

 最終更新:2016/07/11

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】