ラ  ra

  

【等・連・類】「つら(連・列)」の短縮。連なり。

『たねはたね うむすきさかめ まめすめの そろはもはめそ むしもみなしむ』ホ1
『ひにむかつひめ のたまふは なんちゑとか みけひえて』ホ7
『よにわたかまり こくみも つかえてしむお うはひはむ』ホ7
『うすめに ひかけおたすき ちまきほこ』ホ7
『うちのしらひと こくみか をやもおかして こもおかす』ホ8

全部見る 

【在・居】「在る・居る」の名詞形。=あり・おり

『めのなみつ をのなのりよつ たたゑなは いくらもつけよ』ホ4

【所・原・方】同上。時空間の区分・区画。

『をきなのいわく ひのいつる かしらはひかし たけのほる』ホ1
『のてむすひ のかせにかわく くこはにに ひつめのあとは のらとみち』ホ18
『きはさかしまに かしらした かれむねおもて やねとなす』ホ21
『たといきねまに さはなすも へらよりきたふ かたたかひ』ミ8

【陰・母・地】「あら(粗)」の転。負の方向に離れるさま。 陰。月。(天に対して)地。

『たまきねいわく ゐみなには たらによつきに なとのりと あわせよつなり』ホ4
『めはたをはに あたらしと すつおかなさき おもえらく』ミ1
『ほねはたのたね ししはに うまれひつきの うるほいに ひとなりそなふ』ミ1

【霊】「る(霊)」の変態。

『さわるいそらの みそきにて ゑなのかこみは おのころの たまことならは ゆきよろし』ホ4
『むらとのいきお めくらすも いろにおほれて らみからす これみのかかみ』ホ17
『ももにちまつる ちのわぬけ ゐそらおはらふ みなつきや』ミ9

【老】らふ(老ふ)の名詞化。

らははくは もくさかふろは ちおまして をいもわかやく』ホ24

  

10/03/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】