いちこ  イチコ  itiko

  

【苺・莓】
成熟。成果。果実。

『ねをはみて みのししめくり さめまたく いちこおはみて うるほえは』ミ4

 
いちく(至く)」の名詞化。
「いちく」は「いつ(至つ)」と同義語「ちく(繁く)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「いちき(至き)いつき(斎)」「いたき(頂)
類語:「いちしく(無花果:やはりクワ科の木)」

  

10/03/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】