コ  ko

  

【孤・離】1.他と隔絶しているさま。2.孤島。(海で隔たる区画)。

『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま』ホ3
『ふそかあしきた こしまにて ひてりにあつく みつおめす』ホ38

【木】起立つもの。湧立つもの。離。

『くにとこたちの あめまつる みけはこのみか』ホ15
『めくみおしらは こたからの むねうつはりと なることく』
ホ17
『たとゑははやし きりひらき たくにこたまの なきことく』ホ23
『うかやのゆとは このはなの しろきかにさく こはうのめ』ホ26
『さゆかわゆ くもたちわたり うねひやま このはさやきぬ かせふかんとす』ホ31

全部見る 

【交・込・是・此・近・今】交わるさま。近いさま。

としふそよの さくすすお ふそゐのすすに うゑかえて』ホ8
こあおひのみは ここちりと やまはといろの みつのあや』
ホ26
はそもなんの わさはひそ ゆくりもなくて あからめす』ホ40

【凝・固・塊】同上。凝り固まるさま。

うひこにゑ にあかるやまそ のてむすひ のかせにかわく くこはにに』ホ18

【予・上】正の方向に離れるさま。先行するさま。 先。前。

こもちつきには まめおそふ もちよりさむる をかまつり』ミ7

【処・方・時・箇・個】分割したものの一。区分。区画。方位。

『ゐつくしおもて かんかたち なかこすなおに かんちから』ホ8
『いきすひたちと なるおひの わさにいきすは いつこえか』ホ16

【子・分・小】分かれ・分け身。派生。 慣例的に女子の斎名に付する。 の意も。

『およへともよほ つきこなく みちおとろひて わいためな』ホ2
『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま』ホ3
『いさなみの ちちにもふして よつきこも かなとおほせは』ホ4
『あわなりひめと とよりひめ すへみそむかみ こたからそこれ』ホ10
『みつのちこ てくるまのうち たもとした おきてたついき ましるゆえ』ホ12

全部見る 

【小・劣・屑】負の方向に離れるさま。=お(小・劣)

『このひなかたの をはかむり うおそてはかま めはこそて うはかつきなり』ホ2
『みつうくうつほ ほなるうお しはうろこよし ほはくさし』ホ15
『なかくほの こみそにゆきて あふみにて そのたれかわお うちあおつ』ホ191
『とみことみ おこりしのひて みちまもれ わかみのための やゑかきはこれ』ホ23
『ねはこねうすき くきひとり よゑゐはひとみ しろはな』ホ24

全部見る 

【地】同上。埴。土。

『ときにきみ をこぬしかみと なおたまふ はしらなもこれ』ホ21
ををこぬし みまこにもふす わかをやの ひすみのきみは よろこはし』ホ21
わかこをやこか ともなひて うすめかみくし あくるとて』ホ36
『またあへここと たかたうちうむ たけこわけ』ホ38
『あるひこふ ゑおのかみと をもひかね いちゐたたせは』ミ9

【籠・垣・囲・庫】こむ(交む・籠む・込む)の名詞化。囲み。包み。垣。守。

『ともにあれます みかたちの まとかのたまこ いふかしや』ホ4
『ゑなのかこみは おのころの たまことならは ゆきよろし』ホ4
『そのにむかえは こゑかくる てこにいれきて すすなしる』ホ15
『すへらきの やゑかきのをき たまふなも やまとををの みたまかみ』ホ23
『かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29

全部見る 

【籠・衣・繭・絹・蚕・蛾】同上。 囲み。包み。垣。蚕。繭。絹。

『ひとくさの みけもこかひも みちなして わいためさたむ いさおしや』ホ2
『わかむすひ くひはこくわに ほそはそろ これうけみたま』
ホ5
『つひにきかやも こかねさく いさこうみこも しかしかと』ホ11
『またまゆふくみ いとぬきて こかゐのみちも をしゆれは』ホ15
『やもとほり こゑくにのかみ をこのさと こかひゑるなり』ホ24
こかいもおなし くわのきは よもにさかえて ゑたもねも』ミ4

全部見る 

【濃・高・上・貴・越・超・肥・熟】正の方向に離れるさま。

『ねわによろこふ ねわはて』ホ18
おのころの よつはわにあひ くにをさむ』
ホ18

【掻・漕】往復させて正の方向に離すこと。

『あかうらお ふなこつかさに あかまろと あかほしものお そえかこに』ホ20

【黄・貴】同上。「」の変態。盛り/絶頂を象徴する色。

『みこのひかりの てりとほり やもにこかねの はなさけは』ホ4

【日・明・光】同上。「か」の変態。陽。

『うりふひめ なかこおすけに そなゑしむ これおこよみの うりふつき』ホ6

【九・究・極】同上。 円熟。至り。究極。元々明の9神。九星。 ここ

『ひにひとめくり おくれへり やよゐはみそこ はなおそふ』ホ14
『おのかへら なんますこちに わさつけて そらつかまんと みちひねり』ホ17
『またなれしみて いつのりの ゐそこさつめの たゑわさの のりのりさたむ』ホ191
『みつかきお としよつにわけ とはとふか ひかたにこかとホ21
こよみもの むらしあたひら つねのはそ もはのかたは』ホ23

全部見る 

【飼・交】(心・身を)合わす。収(治)める。守る。保つ。世話する。

まこにたつなお ひかせおき むまのみきより ふみのほり』ホ191

  

11/03/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】