こゑくに  コヱクニ  kowekuni
こえくに  コエクニ  koekuni

  

【(還国・桑国)】
(日月が)巡って恵む国。扶桑国。日本。

こゑくにはらみやまのあや』ホ24
『あまてるかみは こゑくにの いさわをうちの みやにいて』
ホ28
『これおこよみの うりふつき かれこゑくにの きみとたたゑり』ミ4
『これきみは こゑやすくにの みやにます これはそのかみ とのみこと』ミ5

 
こゑ(還・桑)」+「くに(地・国)
「こゑ」は「こゆ(回ゆ・還ゆ)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・循環する・反復する・繰り返す」などの意。

 
 

【(籠結国)】
蚕の繭糸を結う国。絹織物の国。 多賀の地域の別名。

こゑくにはらみやまのあや』ホ24
『やもとほり こゑくにのかみ をこのさと こかひゑるなり』
ホ24
『ふのそのは をこぬのかみの こかひして なもこゑくにの ふそのゑるなり』フふその

 
こ(籠・蚕・繭)」+「ゑ(合・結)」+「くに(地・国)
「こ」は「囲み・包み・繭」などの意。

別名:「をこのさと(皇籠の里)」「たか(多賀)

 
 
 

【肥国】
肥えた国。豊かな国。

『ふのそのは をこぬのかみの こかひして なもこゑくにの ふそのゑるなり』フふその

 ●特に肥前・肥後の国。

『かけろふのひの こえくにの たけいわたつは くつおあけ』ホ25

 
こゑ(肥)」+「くに(地・国)

類語:「あそくに(阿蘇国)」「しらぬひのくに(知らぬ火の国)

  

09/12/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】