かな  カナ  kana

  

【哉・がな】
(心に)かけるさま。思うさま。〜ではないかな?

『いそのまさこは いわとなる よよのんてんの ほつまふみかなホ序
『とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかなホ1
『うたのかつもて わにこたふ これしきしまの わかのみちかなホ1
『ふたかみおはお たたゑます きくきりひめも あなかしこかなホ4

全部見る 

 
かぬ(交ぬ・兼ぬ)」の名詞化。
ここでは「A: (心に)合わす・かける」の意。

類語:「もかも」「もか」「かも」「もかな」「〜かね?」「〜かや?」

 
 

【金・要・(捏・熟)】
D: 正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『そのよまた かみゆきみれは かなまこと いれすはちみす』ホ5
かなやまひこか うりふひめ なかこおすけに そなゑしむ』ホ6
『かみのみこころ うるはしく みそきつかさお かなさきに』ホ8
『おろかめか ねたむいそらの かなつゑに こたねうたれて なかれゆく』ホ16
『ちみちのあふみ かなつくり かけはをさしの つりなわも ゐつきみしかく』ホ192

全部見る 

 
かぬ(上ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「かね(金)」「こね(捏)」「きね(熟)」「きぬ (絹)」「こな(熟)」
類語:「かなめ(要)
派生語:「かなさき(要柵・金折)

 
 

【(悲・枯・暗・暮・懲)】
E: 負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

かぬ(枯ぬ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「かれ(枯)」「こり(懲り)」「ころ(転)」「くれ(暮)」「くら(暗)」「くま(隈)」「くも(雲)」「くろ(黒)
派生語:「かなし(悲し)

 
 

【汚名】
負の方向に離れる名。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」名

『しらうとこくみ ははおかす かないまにあり きみまねて かなおかふるや』ホ32

 
か(曲・汚・暗・枯)」+「な(名)

  

10/06/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】