ナ  na

  

【退・放・投・鳴・音】放ち。派生。発し。湧き。開き。

『とかもより さわたりくるひ ほそたはや かひなおまかん とはすれと』ホ40

【菜・生・成】生える物。成る物。農作物。「なす(生す・成す)」から。 =くさ(草)

『ゆえにをんかみ つきにみけ にかきはほなや』ホ1
きよなおはめは ちもきよく うしほのことし よよたもつ』ホ15
『むかしなかくに うけもちの かみかうけなお あにこゑは』ホ15
『よるなみに はゆるなろなは はたのたね』ホ15
『てこにいれきて すすなしる ももたくはえて みあえなす』ホ15

全部見る 

【菜・和】同上。 合わせ。添え。具。「なふ(和ふ)」から。

『かみのりかゐは くろまめと うむきとすめと ななのよね かゐにかしきて』ホ38
『ゆみはりまつる みそのは ぬゑあしもちか かさくさお』ミ9

【名・字・和】同上。 合わせ。当て。匹敵・対応するもの。「なつ(撫つ)・なつく(懐く)」から。

『さかつきうめる かみのなも ひながたけとそ たたゆなりける』ホ2
いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま』ホ3
『おおものぬしか ひのかみの ゐみなのあやお もろにとふ』ホ4
『ははかをさきに つるきあり ははむらくもの なにしあふホ9
『なかれおくめる もろかなも やしましのみの おほなむち』ホ9

全部見る 

【汝】同上。合う人。向かう人。対する者。=なんち

『ひめおゑんやと いやといに みなはたれそと うらとえは』ホ9
『さねんとあれは おもえとも かきけるその つきたちにけり』ホ40

【七】なぬ(熟ぬ)の名詞形。

『はなきねは ゐにつつるお あねにとふ』ホ1
『うゑつきは ふそひのすすの としすてに もふそよろち ゐもふそに』ホ4
『ひめないかしろ ゐそくらと すへてみもそ』ホ7
『はしらにまつる ゐくらのゐ としのりたまめ むわたのホ21
『あきはゐと たそこにあり きにむきて さまくらにふせ』ホ21

全部見る 

【熟・延・伸・長・成】正の方向に離れるさま。

『むほなつきむか いほとみや おもむろおさむ むまさかや』ホ32

熟・長・成・九】同上。「なつき(長月)」の略。 至り。完成。

『みつかきの とほのそなか こしのをし おおひこかえり もふさくは』ホ34
『はつきもちより みゆきなる のゐかいたる すはうさは』ホ38

【也】なる(也る)の名詞化。「〜なるさま・〜なるもの」の意を表す。

『やまひあらねは なからえり すみゑのをきな これおしる』ホ1
『これもうひにる ふることや おおきすくなき うすのなも』
ホ2
『ををんかみ なんちさかなし あひみすと まつりはなれて よるきます』ホ15
『あらはにつとめ うらやすむ なかにひとりは うらなくて』ホ17
『すくなるぬしお みわけんと すくしるしの すきうゆる』ホ23

全部見る 

【な】同上。格助詞「の」の変態。「なる・ある」の意。

あわなきは ねのしらやまと ちたるまて のりもとほれは』ホ2
『いさみやに うなつきあみて いさなきと いさなみとなる』ホ2
『ゐのくちの すくなみかみの たけかふに みきつくりそめ すすめけり』ホ2
うなはらひかり あらはれて われあれはこそ なんちその』
ホ27
『たかくあかたの ふなわたし たまきなむらの つちくもの つつらおころし』ホ38

【な・無・退】退くさま。無いさま。 否定。禁止。No。

『およへともよほ つきこなく みちおとろひて わいためホ2
『ちちたてまつり ひたすれと ひとみおとちて つきひや』ホ4
『てれはうらむ あけらるも ゑもへもよらす もとむなり』ホ16
『あやまる をやつつしめよ くらきこも こまかにをしゑ』ホ17
『あつきめくみの ゆるのりお かならすうむ はやるよ』ホ17

全部見る 

【な・無・退】同上。「な〜そ」で行為の禁止を表す。

『またみそふ みちわすれホ1
『ここりひめ きみこれ なおきかす かなしむゆえに きたるとて』ホ5
『つはものぬしか しめなわに かえりましホ7
『そさのをいわく おそれ むかしねのくに ゆけとあり』ホ7

全部見る 

【な】推量・未来を表す「ん(ぬ)」の未然形。

『われけかれなは ひめおゑて ともはちみんと ちかいさる』ホ7

【な】推量を表す助動詞に付いて願望・命令を表す。

『つねにまもりて とりおかふ たみのからかれ あらしと』ホ21
『われひめみこお まふけらん たちからわこお まねかんホ16

  

11/03/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】