ころ  コロ  koro

  

【頃・比】
分割。区切り。区分。区画。時限。

『まさかきの うゑつきゐもに みつるころ よつきのをかみ』ホ2
『このころきみは はらみやま のほりていわく』ホ4
『おこないちかに なるころは しらはきそみて さくらいろ』ホ4
『うつきみつれは みとりつす さつきさのころ ひとめくり』ホ14
『めははやく をはつつまれて はなのころ たましまかとに いゑりなす』ホ14

全部見る 

 
こる(離る・樵る)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・分ける・限る・区切る」などの意。

変態:「きり(限)」「きわ(際)」「けり」
類語:
とこ(所)」「とき(時)
派生語:「ところ(所)

  
 

【(凝)・塊】
凝り固まったもの。凝縮。結晶。塊。

こる(凝る)」の名詞化。

変態:「くれ(塊)」

  
 

【転・(暮・暗・枯・玄)】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『うけすてめ ころひんきみと ちなみあい くろそのつもる みこうみて』ホ15
『にしのははかみ またきたり ころやまもとは おろかにて』ホ15

 
こる(懲る・転る)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「こり(懲り・転)かれ(枯)」「くれ(暮)」「くら(暗)」「くろ(玄・黒)」「くま(隈)」「くも(雲)
派生語:「ころひ(転日)

  
 

【(転・心)】
1.回り。周り。回し。分配。恵み。巡幸。
2.還る所。回帰する所。ホーム。中心。源泉。

こる(転る・回る)」の名詞化。
ここでは「C: 回る/回す・還る/還す・回帰する」などの意。

変態:「こり(心)

  

11/01/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】