くろ  クロ  kuro

  

【黒・玄・(暗・暮)】
負の方向に離れるさま。「低まる・勢いを失う・劣る・暗む・沈む・静まる・終わる」さま

『いふきぬし くまのくすひと まてにあり しろくろこまに もろそひて』ホ8
『それはきはきに きりはしろ ひのきはきあか くりはくろホ15
『とこたちの やもおめくりて にしのくに くろそのつみて かにあたる』ホ15
『くろきははなの くろにめす おなしこころに あいもとむ』ホ16
『ひめもすに みやのうてなの くろところ なかつはしらの ねにすみて』ホ22

全部見る 

 ●黒金。鉄。

『すかははきかね ししろかね うひにあかかね はくろかねホ15
『このはかまろは はひきなす なまろくろまろ あすはなす』ミ8

 
くる(暮る)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・暗む・沈む・静まる・終わる」などの意。
色は「赤」→「青」→「黄」→「丹」→「黒」と進展するように思われる。

変態:「くら(暗)」「くれ(暮)」「ころ(転)」「くも(雲・蜘蛛)」「くま(隈)」「かれ(枯)

 
 

【畔】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

くる(上る)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「かろ(軽)」「かる(軽)」「きれ(切れ者)」

 
 

【(交・包)】
合わせ。束ね。統べ。治め。統治者。

『おとうけし たけたあかたし くろはやは しきのあかたし』ホ30

 
くる(交る・包る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・束ねる・治める」などの意。

変態:「かり(ゐひかり)」「こり(たけちのこり)」

 
 

【(交ろ・比)】
合うさま。寄るさま。似るさま。匹敵するさま。

『ひとたひあひて よくにたる かれはめくろと そのさとお なつけたまわる』ホ40

 
くる(交る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・似る・匹敵する」などの意。

変態:「くら(比・競)」「くり(そっくり)」

  

10/02/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】