とき  トキ  toki

  

【時】
1.分割。刻み。限り。区分。区画。

『あめつちの ひらけしときに ふたかみの とほこにをさむ』ホ序
ときにあめより ふたかみに つほはあしはら ちゐもあき』ホ2
ひたるのときに おもいかね わかひめともに もりそたつ』ホ11
ときあすす ももみそよとし つあとはる はつひさなゑの ことほきし』ホ31

全部見る 

2.1日を12等分した2時間。

『いまわかみ いきすひととき よそしほと たらぬやまふの かなしさや』ホ16

 
とく(解く・退く)」の名詞化。
ここではは「B: 離す・分ける・刻む・限る・区切る」などの意。

変態:「とこ(処方・所)
類語:「ところ(所)」「ころ(頃)」「し(州・支・時)

 
 

【研ぎ】【鬨】
正の方向に離すこと。「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」こと

『ゆはすたすえの みつきとめ たみにきはせて そろのときホ34

 ●【鬨】勢いの良い声。おたけび。

『こころくるしむ そのときは ともにみたるる とりのときホ21
『みなにけちれは ときおあけ むかひいるとき おとひめは きみのておとり』ホ39

 
とく(研ぐ・利く・鋭く・疾く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「とく(特・得・徳・篤)」「たけ(猛)」「たか(高)
関連語:「ときめき」「ドキドキ」

 
 

【利き・鋭き・疾き】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま
 ●利に聡いさま。明敏。利発。狡猾。ずるさ。 ≒あらたけ(荒猛)はやきき(早利き)

『ふたかみの とほこにをさむ としふれは にふなれときの たみあるも』ホ17
『くつおすてなて にふときお ならしもちゐん あめのこころそ』ホ17
おのかとき さかりあさむく むくひあり ゆえおきかせん』ホ17
ときすきてなる はたれとも それこころみに わさおなせ』ホ17
『おもたるの たみときすくれ ものうはふ これにおのもて きりをさむ』ホ23
『あのよろの ほしおしつめて ありのまま すめはよろこひ ときそありける』フあよろ

 
とし(利し・鋭し・疾し)」の連体形が名詞化。

類語:「きき(利き)

  

10/02/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】