その  ソノ  sono

  

【(直の・添の・沿の)・其の】
1.近くに在るもの+の。
それなる。近くの。そばの。

『いまめさるれは そのめくみ あめにかえりの もふてもの』ホ序
『よにあらわせる そのふみは ほつまつたゑに まさるなし』ホ序
そのおしくさは ぬはたまの はなはほのほの からすはの』ホ1
『かみそのなかに あれまして くにとこたちの とこよくに』ホ2
『やもやくたりの みこうみて みなそのくにお をさめしむ』ホ2

全部見る 

2.語調を整えるのに用いる。「そう」(「あの・この」も同様。)

そ(直・添・沿)」+「の(格助詞)
「の」は「在る・なる」と同じ。

類語:「それの」「それなる」

 
 

【(領)・園・苑】
一まとまりの空間。囲み。 区分。区画。方。

『とこたちの やもおめくりて にしのくに くろそのつみて かにあたる』ホ15
『いのそのは やなきさくらの ことよりも かすみにももの はなやおそらん』フいその
『ふのそのは をこぬのかみの こかひして なもこゑくにの ふそのゑるなり』フふその
『へのそのは たまにうるほす まつりこと かてたるそのは ゆくもやすらか』フへその
ものそのは うけもちのたの つとめおも なかとにならは うえややむらん』フもその

全部見る 

 
そぬ(領ぬ/背ぬ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収(治)める・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

変態:「すな(土・地)」「しな(品)
類語:「ま(間)」「は(場)」「はら(原)」「にわ(庭)」「くに(地・国)

 
 

【(繁野・稲野)・園】
耕地。田畑。

そのにむかえは こゑかくる てこにいれきて すすなしる』ホ15
をのそのは やけてあわたの とりえあり みつとりえねは そののもえくさ』フをその

 
そ(繁・稲)」+「の(野)

類語:「た(田)」「うるた(潤田)

 
 

【(聳・繁)】
正の方向に離れるさま/離すこと。 高揚。繁栄。繁茂。向上。育成。成長発展。

『へのそのは たまにうるほす まつりこと かてたるそのは ゆくもやすらか』フへその
『をのそのは やけてあわたの とりえあり みつとりえねは そののもえくさ』フをその

 
そぬ(
聳ぬ・繁ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。

変態:「そね」「そわ・そひ(岨)」「そま(杣)」「すわ(諏訪)」「さは(多・騒・娑麼)

    

10/09/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】