はら  ハラ  hara

  

【原・(場・洞)】
囲み。範囲。区画。領域。場。間。

『ひかしはやまと ひたかみも にしはつきすみ あしはらも』ホ2
『もちこのすけと はやこうち あちことみたり はやゆきて まなゐのはらの みやつかゑ』ホ6
あまのはら つきならふれは くにみたる』ホ13
たかまのはらの かりみやに おひたまわれは もろかなも ひたちのみやと』ホ16
『かれまつはらに うふやふく むねあわぬまに かもつきて』ホ26

全部見る 

 
はる(治る/放る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・限る」などの意。

変態:「ほら(洞)
派生語:「かわら(河原)

 
 

【(治)】
治め。政治。領有。領地。領域。

あのはらは かみのあつまる ひとのはら しつくにわさの みとそうみける』フあはら
へのはらは はたまさゆりに なつらえて つきこもわさも はらむなりけり』フへはら

 
はる(治る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・治める」などの意。

変態:「はり(治)
類語:「た(治)
関連語:「にはり(新治)

 
 

【腹】
収まる部分。 中。内。奥。
 ●転じて内心。心。中心。本質。

『このうたお みはらにこめて つくるへし』ホ12
はらあしことは なかるへし はらやめぬまに たえにさとせよ』ホ13
『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきて』ホ14
さつさはらをひ ゐわたなす なかくたとほる』ホ14
『こもりはひめの いきすみて ちはらおなてて ゑみすかほ』ホ16

全部見る 

 
はる(和る・治る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・収まる・内にある」などの意。

類語:「うち(内)」「なか(中)」「おく(奥)」「うら(心・占)」「さね(実・核)」「こころ(心)
派生語:「はらむ(孕む)

 
 

【孕】
孕むこと。妊娠。

『さつさはらをひ ゐわたなす なかくたとほる』ホ14
『もしひはらみこ うむものは みかとにつけよ したたみも たまものあるそ』
ホ32

 
はる(和る・治る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・中に入れる・重ねる」などの意。

 
 

【(栄老)・蓬莱】
ほな(栄菜)」+「はな(老菜)」の略。

『あまかみの くわにめくらす はらのなの にかきにかたち かたくなし』ミ4

  
 

【(孕)・蓬莱】<地名>
1.(二尊がアマテルを) 孕んだ地。
2.蓬莱山の麓の地。

『みこひたさんと ふたかみの みこころつくす あまのはらホ4
『ををんかみ はらのをきみと なおたまふ にはりのたみか ことしたふ』ホ24
『いまよりあにも なはやまと あすかをきみと はらをきみホ24
『なにことも おたみおたてて にいたみの かけははらより つくなわす』ホ24
『かれによのうち むつましき ゑとおなつけて はらからと いふもとおりそ』ホ24

全部見る 

 ●ハラ宮

『これのさき はらのおしくも めしのほす おととひたちは わかきゆえ』ホ27
『ことはききゑす はらのとみ そろりよしたけ よくしれは これにとはしむ』ホ34

 ●ニニキネがホツマ国にあった時代に関することを表す。

『ほたかみは ほそのをきるも はらののり ものぬしならす くわのゆみ』ホ26

 
別名:「はらみ(孕み・蓬莱身)」「さかおり(幸降り)
派生語:「はらあさま(蓬莱浅間)
独り言:「ほうらい(蓬莱)」

  

10/03/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】