はら  ハラ  hara

  

【原・(場・洞)】
囲み。範囲。区画。領域。場。間。

『ひかしはやまと ひたかみも にしはつきすみ あしはらも』ホ2
『もちこのすけと はやこうち あちことみたり はやゆきて まなゐのはらの みやつかゑ』ホ6
あまのはら つきならふれは くにみたる』ホ13
たかまのはらの かりみやに おひたまわれは もろかなも ひたちのみやと』ホ16
『かれまつはらに うふやふく むねあわぬまに かもつきて』ホ26
うなはらひかり あらはれて われあれはこそ なんちその』ホ27
『いつへおつくり にふかわの うたにうつせる あさひはらホ29
かしはらよしと もふすとき きみもをもひは おなしくと』ホ29
『あめとみに かもおうつさせ みをやかみ まつるはりはら とりみやま』ホ30
『よとしのやよひ にいみやこ かるさかひはらホ32
『おとすくしたに としこえて いてたつはつひ あけのはらホ36
『おおはたぬしと やそともに ゐそすすはらの くさからせ』ホ36
ことひきはらに おはよえた おきてかわちの ふるいちに またよはおつる』ホ40
『ふそみかほしは よしあしお はらのにしめす』ミ6
『ふちりとは たからうつらの ぬくめとり むくいくはらは たみもちるらし』フふちり
しのはらは かみのふしみの たまくしお あみのめくみの みやこたつなり』フしはら

 
はる(治る/放る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・限る」などの意。

変態:「ほら(洞)
派生語:「かわら(河原)

 
 

【(治)】
治め。政治。領有。領地。領域。

あのはらは かみのあつまる ひとのはら しつくにわさの みとそうみける』フあはら
へのはらは はたまさゆりに なつらえて つきこもわさも はらむなりけり』フへはら

 
はる(治る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・治める」などの意。

変態:「はり(治)
類語:「た(治)
関連語:「にはり(新治)

 
 

【腹】
収まる部分。 中。内。奥。
 ●転じて内心。心。中心。本質。

『このうたお みはらにこめて つくるへし』ホ12
はらあしことは なかるへし はらやめぬまに たえにさとせよ』ホ13
『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきて』ホ14
さつさはらをひ ゐわたなす なかくたとほる』ホ14
『こもりはひめの いきすみて ちはらおなてて ゑみすかほ』ホ16
はらせくひ あしにしたかふ いしすゑに しきますとこお いかすれと』ホ21
『あめみまこ またやまめくり ねにひゑて はらいたむとき』ホ24
はらはひに よそひなけれは とほそひく おとにねさめて はつかしや』ホ26
しのはらは ははとはらめる やのつほね うちめはなかの くらいなり』ホ27
『むしなのはらに やさかにの たまありおさむ いそのかみ』ホ37
『このかみは はらわたいのち みけおもる うましあしかい ひこちかみ』ミ6
いのはらの みはたねはらむ ひたちをひ おひぬつるきの たからふるなり』フいはら

 
はる(和る・治る)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・収まる・内にある」などの意。

類語:「うち(内)」「なか(中)」「おく(奥)」「うら(心・占)」「さね(実・核)」「こころ(心)
派生語:「はらむ(孕む)

 
 

【孕】
孕むこと。妊娠。

『さつさはらをひ ゐわたなす なかくたとほる』ホ14
『もしひはらみこ うむものは みかとにつけよ したたみも たまものあるそ』
ホ32

 
はる(和る・治る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・中に入れる・重ねる」などの意。

 
 

【(栄老)・蓬莱】
ほな(栄菜)」+「はな(老菜)」の略。

『あまかみの くわにめくらす はらのなの にかきにかたち かたくなし』ミ4

  
 

【(孕)・蓬莱】<地名>
1.(二尊がアマテルを) 孕んだ地。
2.蓬莱山の麓の地。

『みこひたさんと ふたかみの みこころつくす あまのはらホ4
『ををんかみ はらのをきみと なおたまふ にはりのたみか ことしたふ』ホ24
『いまよりあにも なはやまと あすかをきみと はらをきみホ24
『なにことも おたみおたてて にいたみの かけははらより つくなわす』ホ24
『かれによのうち むつましき ゑとおなつけて はらからと いふもとおりそ』ホ24
『むめひとは はらにととまり まつりこと こやねあつかり』ホ25
『うつきねはらの みやにゆき いとまおこえは むめひとも』ホ25
『みしまにいたり はらにゆき またみしまより いよにゆく』ホ27
『こそふとしはる するかみや はふりはらのゑ たてまつる』ホ31
『あすそふかあさ すわはふり はらやまのゑお たてまつる きみこれおほむ』ホ32
『たたねこと おはりむらしと にいはらの おほまのかみと なつくなり』ホ40
『あまかみの くわにめくらす はらのなの にかきにかたち かたくなし』ミ4
『すのはらの まつりゆたかに ことふけは はらとうるわう たみそいたけり』フすはら

 ●ハラ宮

『これのさき はらのおしくも めしのほす おととひたちは わかきゆえ』ホ27
『ことはききゑす はらのとみ そろりよしたけ よくしれは これにとはしむ』ホ34

 ●ニニキネがホツマ国にあった時代に関することを表す。

『ほたかみは ほそのをきるも はらののり ものぬしならす くわのゆみ』ホ26

 
別名:「はらみ(孕み・蓬莱身)」「さかおり(幸降り)
派生語:「はらあさま(蓬莱浅間)
独り言:「ほうらい(蓬莱)」

  

10/03/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】