はり  ハリ  hari

  

【治・貼・墾】
A: 合う/合わすさま。収まり。治め。平る/平らすこと(もの)。

にはりのみやの そやよろに にいたみふゑて』ホ序
『わかにいはりの あらやたつ なかつはしらの ねおかかえ』
ホ21

 
はる(治る・貼る)」の名詞化。

変態:「はら(原・治)」「ひら(平)
派生語:「にいはり(新治)」「はりま(播磨)

 
 

【張・(栄・映)】【(春)】
D: 正の方向に離れる/離すさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

はりのねはふゆ うつきすえ すえはつくへし ねにつくな』ホ21

 
はる(張る・栄る)」の名詞化。

変態:「はれ(腫れ)」「はる(春)

 
 

【張・梁】
合わせ。結い。渡し。

『ふつきゆみはり いせむすひ かもたけすみに みことのり』ホ27

 ●(柱と柱の間を)結び渡すもの。

『みそとせややに のひさかゑ もものつくりき みものはり ゐもはむなきそ』ホ17
『ひとのりも そとせほほなる みそのはり ゐそはむなきの いさおしも』ホ17

 
はる(張る・貼る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・渡す」などの意。

類語:「うつはり(梁)ぬき(貫)」「けた(桁)よこ(緯)」「わたり(渡り)

  

09/12/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】