マ  ma

  

【合・和・巻】合い。合わせ。

『ゐとしふゆ をははかきる めはかつき』ホ1

【目・見】同上。みる(見る)の名詞形。

『あめのみをやの まなこより もるるひつきと』ホ4
『ひめひとり ねさめてゆけは まつさかに せきとめられて』ホ24
『くにうとの あまてるかみと よろこひの まゆもひらくる ゐひならし』ミ逸

【物・者・身・モノ】同上。代名詞「もの」の短縮。

『かちていけとる はたれまお かわくひてりに つなきおき』ホ8
『みちものま しむにあつけて もろかえりけり』ホ8
あまのとも あけてむれてる わかひめか まりにわかみつ くまんとす』ホ25

【魔・モノ・霊】同上。 形無き「もの」。

はたれまの さはれとおひに ととのひて よそやそなわる そのためし』ホ16
『もしやよこまの さはいせは あらかねのはお うつろゐの』ミ8

【曲・汚・枯・魔】曲り。汚穢。隈。枯。 また邪霊。

『かきをみは よこまおからし もののへの ちからもるてそ』ホ24
『よなかまて かくむよいたり はらみやの おほまのとのに みこします』
ホ40
『たといきねまに さはなすも へらよりきたふ かたたかひ』ミ8
『あのゆんの まめにひらきの むらさきや おうつろゐの はるへひくらん』フあゆん

【間・目・場】時空間。さざま。中間。間柄。関係。区分・区画。隔たり。差異。

『あるうかかふ おゑものお はらふはうたの こゑあまる』ホ1
『かみなりいてん ことおこひ くひめくるに あくりこふ』ホ4
『やかれてまさに おわるに うむつちのかみ はにやすと みつみつはめそ』ホ5
『いさなみは ありまにおさむ はなとほの ときにまつりて』ホ5
『よもつの ひらさかは いきたゆるの かきりいわ』ホ5

全部見る 

【間】水平方向の距離・面積の単位。180cm。=つほ(坪) ⇔ たけ(丈)

『いにしえつくる まはかりは やそよろひとの なれたけお』ホ17
『あつめはかりて ひとつほお いまのひとの ものさしそ』ホ17
『くつはにつける ひきつなお ひとぬきのまと なつくなり』ホ191

【真・実・中・央・全・満・天】正の方向に離れるさま。至り。極み。中心・中核。

『やなきあやなる はなかたは ゑかきまのりに あてうつし』ホ23
まきさきは やたのかかみお ささけもち かすかにさつく』ホ27
『ふそまふゆ うむみこやまと をしろわけ いむなたりひこ』ホ36
『かしきのゆうお なかにたて ましろのゆうお きねにたて』ミ8
あかはなま あたかくのほり あなるひの わかはねるまつ』ミ10

【麻】同上。 繁茂するもの。

まゆみぬの やとよのはたと はくわゆみ ははやおそえて たまふのみ』ホ11
『あきかせつけて まをまゆみ ゐとおつむきて たくはたや』ミ9

【馬】同上。「むま・うま」の略。=め

『よくきけは くるまはきいん なるかみは ほおろほおろそ』ホ18
まこにたつなお ひかせおき むまのみきより ふみのほり』ホ191

【裳・下】同上。「も」の変態。

『ゐとしふゆ をははかきる めはかつき』ホ1

【左 (右)】まて(真手) の「ま」。 左あるいは右。

『たちはなひめと ほつみてし さくらねましお さきにやり』ホ39
まちかてちかの とみふたり をとたちはなの くしとおひ』ホ39

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】