みる  ミル  miru

  

【見る】
A: 合う/合わす。(心身に)合わす。世話する。気づく。思う。
知る。擬える。試す。実現する。

『おそれみなから つほめおく これんひとは』ホ序
『ここりひめ やからにつくる いさなきは おひゆきみまくホ5
『めのすかた よくてあるるも みにくきに よきみやひあり』ホ13
『きりてもろひき まつろえは きみはもとより くにてるの まめおうつしみホ29
『におうみやまお うるほせは ちよみるくさも はゆるそと たのしみたまひ』ホ32

全部見る 

 
変態:「むる(群る)」「もる(守る)
派生語:「み(見・和)」「かんかみる(鑑みる)」「あわれみる(哀れ見る)」「みるめ(見る目)」「みにくし(醜し)」「みひたし(見養し)」「おもみる(思みる)」「みかた(御方)」「たるみ(治見)」「みならふ(見習う)」「おそれみる(畏れ見る)」「かしこむ(畏む)
独り言:「mirror」「mirage」「miracle」

 
 

【(放る・罷る)】
B: 離れる/離す。放つ。発す。起る/起す。

変態:「まる(放る)」「もる(漏る)

 
 

【回る・廻る・(巡る・周る)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。還る/還す。揺さぶる。丸まる。

みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『はつのよは くにとこたちそ あめにゆき みるもとあけの もりさため』
ホ13
『ときにきみ つくしはかての たらさるか てれはゆきみて たおまさん』ホ25
『みそふかみ みかりおこえは めくりみて すたるおなおし たえおたし』ホ27
『これにより おおやますみか めくりみて よめちゆくねの をにおさむ』ホ28

 
変態:「まふ(回ふ)」「まる(転る)」「みぬ(廻ぬ)
派生語:「こころみる(試みる)」「みる(海松)」「みるめ(海松布)」「みおくる(見送る)

 
 

【(満る・熟る・上る・敬る・美る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

変態:「まふ(舞う)」「もる(盛る)」「もゆ(燃ゆ)
派生語:「あみる(炙る)

  
 

【(廻)・海松・水松
丸くなるさま。

みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『すみえにみゆき みるおみて うちのうむみこ かゑしねの いみなみるひと』ホ31

 
「みる(回る・廻る)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・丸くなる」などの意。

変態:「まり(鞠)」
別名:「みるめ(海松布・水松布)

  

11/01/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】