めくりみる  メクリミル  mekurimiru

  

【巡り回る】【(恵り回る)】
1.巡り回る。巡回する。

『これにより おおやますみか めくりみて よめちゆくねの をにおさむ』ホ28

2.(日月のように)天が下を恵んで巡ること。巡幸する。

『みそふかみ みかりおこえは めくりみて すたるおなおし たえおたし』ホ27

 
めくる(巡る/恵る)」+「みる(回る・廻る)」の連結。
 

『天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり』7文
『また八重垣は 西(右)に預け 争み あらば 能く平けて 恵み和せと』11文
こうあるように「和つ日月君が地を巡る」場合には、常に「天が下を和して恵む」という日・月の機能を伴う。

 
類語:「めくる(
る)」「みめくる(巡幸る)」「めくりかる(恵り回る)かけめくる(駆け恵る)」「かけりめくる(駆けり恵る)
関連語:「みかり(巡幸り)」「みゆき(御幸)

  

11/03/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】