めくる  メクル  mekuru

  

【回る・廻る・巡る・捲る】
C: 回る。行き来する。替わる。還る。戻る。繰り返す。〜しまくる。

『かかんなす はるのひとしく めくりきて いそのまさこは いわとなる』ホ序
『うきはしにゑる おのころの やひろのとのに たつはしら めくりうまんと』ホ3
『またはたれ なんちわかはゑ はちみする やつことせんと なりめくるホ8
『あわうひの めくれるなかの みはしらに さけてめをなる』ホ14
『をはきよく かろくめくりて あまとなり めはなかにこり くにとなる』ホ14

全部見る 

 
めく(
巡く)」と同義語「くる(回る・転る)」の合成。

変態:「まくる(捲る)」「あくる(明くる)」「おくる(送る)
類語:「かえす(返す・還す)」「かえる(返る・還る)
派生語:「めくり(巡り・周り)

 
 

【巡る・(恵る/巡幸る)】
1.行き来させる。回す。めぐらす。分配する。恵む。改める。

『あさひのうるお みにうけて こみやにあれは よるなみと ともにめくれと』ホ14
『ねはつより めくるひのあは にもめくる あかるきのあは にのいのち』
ホ21
『よこへにわけて つうちひく かひぬきなけて をさめくるホ23
『これにめし しらやまみねお みめくるに ななめにならす』ホ24
『つくしあまねく めくりかり いせきつつみに あらたなす』ホ25

全部見る 

2.(日月のように回って)分配する・恵む。 巡幸する。

『むよのつき おもたるのかみ かしこねと やもおめくりて たみおたす』ホ2
『あめかした やわしてめくる ひつきこそ はれてあかるき たみのたらなり』ホ7
『おほなむち ひとりめくりて たみのかて けししゆるせは』ホ9
『ひかりむち おてにくにたま のりめくる おとはほおこほ』ホ18
『あまのいわふね おほそらお かけりめくりて このさとの なおもそらみつ やまとくにホ20

全部見る 

 
めく(
巡く・恵く)」と同義語「くる(回る・転る・呉る)」の合成。
ここでは「C: 回る/回す・めぐらす・分配する・恵む」などの意。
 

『天が下 和して恵る 日月こそ 晴れて明るき 民の父母なり』7文
『また八重垣は 西(右)に預け 争み あらば 能く平けて 恵み和せと』11文
こうあるように「和つ日月君が地を巡る」場合には、常に「天が下を和して恵む」という日・月の機能を伴う。

 
類語:「めくむ(恵む)」「くはる(配る)」「ほとこす(施す)
関連語:「みかり(恵回り)」「みゆき(御幸)
派生語:「めくり(恵り・巡幸り)」「みめくる(巡恵る)」「めくりかる(恵り回る)」「めくりみる(恵り回る)

  

11/02/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】