みる  ミル  miru

  

【見る】
A: 合う/合わす。(心身に)合わす。世話する。気づく。思う。知る。擬える。試す。実現する。

『おそれみなから つほめおく これんひとは』ホ序
みなみるみなみ ひのおつる にしはにしつむ』ホ1
『にゑはなみな にゑしつむ』ホ1
『たまつのをしか あちひこお みれはこかるる わかひめの わかのうたよみ』ホ1
『うたみそめ おもひかねてそ すすむるお ついとりみれば』ホ1
『つのくゐは おおとのにゐて いくくいお とまえにあひ つまとなす』ホ2
『すくなみかみの たけかふに すすめかもみお いるおて』ホ2
『なけくとよけの はらみやま のほりてみれと』ホ4
『ふたかみゆめの ここちにて あひたまえは とよけにて あめみこひたす ものかたり』ホ4
『ここりひめ やからにつくる いさなきは おひゆきみまくホ5
『ここりひめ きみこれなそ なおきかす かなしむゆえに きたるとて』ホ5
『ゆつのつけくし おとりはお たひとしみれは うちたかる』ホ5
『そのよまた かみゆきみれは かなまこと いれすはちみす』ホ5
『のちかえまさん みてくるま ととむるたみお あわれて』ホ6
『さかみれは きみおわするる ももくらと ははもふそくら』ホ7
『はなこきたれは ほこかくす ぬかほすれと うちにつけ』ホ7
『われけかれなは ひめおゑて ともはちんと ちかいさる』ホ7
『あめのめくりの むしはみお みるまさかにの なかこりて』ホ7
『かえことあれは ををんかみ つつやにいたり たまへは』ホ8
『ときにあまてる みことのり うけもちのまこ かたまろに くにてかえれ』ホ8
『はたれもひれし まはすはゐ ておとろけは かんかゑて』ホ8
『のちのはたれの ひととなる まふつのかかみ みるために』ホ8
『うすめみの かなてるおて ををんかみ くわもてつくる むゆつこと』ホ9
『あめわかひこか かとのまえ かつらのすえに しわさて』ホ10
『たかみむすひは これおて とかむかえしや わかひこか むねにあたりて』ホ10
『をゐのみるめも としなみの なこそしるへゆ ちなみあふはま』ホ11
『なおもおもゑよ たからもの みることわれお みることく』ホ11
『なかめたかわす こかねさく ひさみるやまと たたゑたまゐき』ホ11
『きみにてもほし たみはなお すすかのふみお さるかや』ホ13
『めのすかた よくてあるるも みにくきに よきみやひあり』ホ13
『いまふしみれは をきなかみ さかるこもりと くらふれは』ホ16
『あめのうむたみ このことく なかいきんと くいものの』ホ15
『われみるすすき ちゑよたひ わかみもことし ふそよよろ』ホ15
『こもりはひめの いきすて ちはらおなてて ゑみすかほ』ホ16
『はねさきみれは ふそよすち かすそなわれと つねあらす もろとりみれホ16
『ひたかみにつる たてまつる はねさきみれは ふそよなり』ホ16
『こもりて つるきおおかみ いたたけは みかつちえみて くらなして』ホ16
『われみるに をさまるみよは なのきこゑ ひとのこころは およそこし』ホ17
『みつのめくりお みることく うつほはみゆる』ホ17
『われみるに よしわろめてつ たのしみて ひとのなかこも ひとふたり』ホ17
『あめつちひとの みるところ あめのみつけは ひとにつく』ホ17
『われひとふりお つねみるに ふつくことなる くにかみの』ホ17
みるきくたひに よしあしも ひめもすあめに つけあれは』ホ17
『われみるに ひとのみやひは なさけゑた あめよりさつく たまとしゐ』ホ17
『ひとかひとうつ ころすおも みれはのそかん おもひあり』ホ17
『なかこのかたち かかみそよ ひとぬとても ぬすむなよ』ホ17
『あめのこころに みるはかみ はにとしはかみ このあちお ひとのみにしる』ホ17
『ゆきつもとりつ むそあゆみ あしとりをて のちにのる』ホ192
『とりのとき みたれいためは ひともしる ふとまにみれは けたおしる』ホ21
『しとみはとみの とのをしゑ とほるおみるそ』ホ21
『われみるに ひといはかわる おこりかち へりにはかたく』ホ23
『かさるおみれは にきはえと うちはくるしむ そのゆえは』ホ23
『はらみやまから よもおて すそのはひろし みつおうみ すそのたにせん』ホ24
『そののちに きみこのやまに のほりて なかこやすめり』ホ24
『ものぬしは くわよきおて あさひめに こかひきぬおる』ホ24
『みつほのみやお つくらしむ なれはひおて うつらんと』ホ25
『ちちはみはもお のそみて やゑのたたみお しきもうけ』ホ25
『としのあさ うたえそむるお とりみれは わかのうたあり』ホ25
『このおきつひこ かもおて かいおつくれは まこのしか ほわになす』ホ27
『ははこのほれは たまひて うちなおとえは ひめこたえ』ホ27
『むねきよく みはあかつけと さしかて あめにつくれは』ホ28
『さるたひこ みそきにあわの むなさわき ふとまにみれは ゐむのみは』ホ28
『たたちにゆけは あたもて さまおわらひて よけとふす』ホ29
『きりてもろひき まつろえは きみはもとより くにてるの まめおうつしみホ29
『みやこうつさん くにみよと みことおうけて めくりみるホ29
『うたのなおしお こはしむる わかみやふたお とりみれは いいろよむうた』ホ31
『すみえにみゆき みるおて うちのうむみこ かゑしねの いみなみるひと』ホ31
『われむかしこの ゑおみれと あてなてたかく これおすつ』ホ32
『におうみやまお うるほせは ちよみるくさも はゆるそと たのしみたまひ』ホ32
『はにやすひこは かわきたに ひこくにふくお ていわく』ホ34
『あけなはきみの みすかたお んととむれは かみのつけ』ホ34
『ももそひめ こころあやしく あくるあさ くしけおみれは こへひあり』ホ34
『ひとなりみれは きみならす さらにかえりて みやこちと うらしまたつね』ホ34
『やみやのたまも はなかよみ ゆきんとてそ さそひくる』ホ34
『たけひてる むかしささけし かんたから いつもにあるお みまくほし』ホ34
『ひほこもふさく すむところ ゆるしたまはは めくりん』ホ35
『ときほんつわけ とふくくひ ていわくこれ なにものや』ホ36
『おおわかこ かえりもふせは やまとひめ うちにいたりて ていわく』ホ36
『しらきみこ ひほこかつとの たからもの たしまにあるお いまんと』ホ37
『はたよりおちて あらわるる きみていわく それなんそ』ホ37
『のこしふみ みこたまひて かくきみか はなたちはなは かれかつま』ホ37
『ををうすお やりてよはしむ をうすみこ みのにいたりて すかたて』ホ38
『きわらにかえり ふとまに やたおねきのに うちやふり』ホ38
『やつめおこえて まえやまの あわみさきて きみいわく』ホ38
『かわきもゆれは やまとたけ やくらのたけに のほりて』ホ39
『たけひほほゑみ これなんち ゐなかにすんて さわおす』ホ39
『ももなそこ よろみちつつく このよて いまひのわちに おわします』ホ39
『きさおのそみて おもひやり かたみのうたみ とりいたして』ホ39
『ときにおもむろ なるいとり いつれはもろと みささきの みひつおみれは』ホ40
『ひめのもすそに つきをけの しみたるおて やまとたけ みしかうたして』ホ40
『きみたまえは やまとたけ いけるすかたに あふことく』ホ40
『よよのふみ まとまちなれは んひとも あらかしめにて なそしりそ』ホ40
『これおて はしめてつくり かれささけ やよいみかもて ここのくみ』ミ2
『つきよりちかき ひはとおく つきはなかはに ちかきゆえ ならへみるなり』ミ6
『しまつひこ なかれきにほす うのはて きおあみつらね いかたのり』ミ10
『へのいさの ふねはをしゑの をおなむち うえみぬきぬお かふりゐさめつ』フへゐさ
『ものおれは ほこのひひきお おそれみて よそかおいわす すきかすおれ』フもおれ

 
変態:「むる(群る)」「もる(守る)
派生語:「み(見・和)」「かんかみる(鑑みる)」「あわれみる(哀れ見る)」「みるめ(見る目)」「みにくし(醜し)」「みひたし(見養し)」「おもみる(思みる)」「みかた(御方)」「たるみ(治見)」「みならふ(見習う)」「おそれみる(畏れ見る)」「かしこむ(畏む)
独り言:「mirror」「mirage」「miracle」

 
 

【(放る・罷る)】
B: 離れる/離す。放つ。発す。起る/起す。

変態:「まる(放る)」「もる(漏る)

 
 

【回る・廻る・(巡る・周る)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。還る/還す。揺さぶる。丸まる。

みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『はつのよは くにとこたちそ あめにゆき みるもとあけの もりさため』ホ13
『ときにきみ つくしはかての たらさるか てれはゆきみて たおまさん』ホ25
『みそふかみ みかりおこえは めくりみて すたるおなおし たえおたし』ホ27
『これにより おおやますみか めくりみて よめちゆくねの をにおさむ』ホ28

 
変態:「まふ(回ふ)」「まる(転る)」「みぬ(廻ぬ)
派生語:「こころみる(試みる)」「みる(海松)」「みるめ(海松布)」「みおくる(見送る)

 
 

【(満る・熟る・上る・敬る・美る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

変態:「まふ(舞う)」「もる(盛る)」「もゆ(燃ゆ)
派生語:「あみる(炙る)

  
 

【(廻)・海松・水松
丸くなるさま。

みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなし』ホ11
『すみえにみゆき みるおみて うちのうむみこ かゑしねの いみなみるひと』ホ31

 
「みる(回る・廻る)」の名詞化。
ここでは「C: 回る・丸くなる」などの意。

変態:「まり(鞠)」
別名:「みるめ(海松布・水松布)

  

11/01/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】