おおやまとひたかみのやすくにのみや  オオヤマトヒタカミノヤスクニノミヤ ooyamatohitakaminoyasukuninomiya

  

【太山下日高みの和国の宮】
太山(富士山)麓にあり、日が巡り恵んで和す国の都。

『ひのやまのなも おおやまそ かれおおやまと ひたかみの やすくにのみやホ6

 
おおやまと(太山下)」+「ひたかみ(日高み)」 の 「やすくにのみや(和国の宮)
「ひたかみ」はここでは「こゑ(還)」の言い換え。「日の巡回・日の出」を表す。

別名:「こゑやすくにのみや(還和国の宮)」「やすくにみや(和国宮)」「やまとやすみや(山下和宮)」「としたあめみや(ト下和宮)」「としたみや(ト下宮)」
類語:「はらみのみや(晴みの宮/蓬莱身の宮)」「はらみや(晴宮・蓬莱宮)」「さかおりみや(栄秀宮)」「はらあさまみや(蓬莱浅間宮)」「しわかみのほつまのみや(磯輪上の秀真の宮)」「むめおおみや(梅皇宮)

 

13/10/30

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】