むめおおみや  ムメオオミヤ  mumeoomiya

  

【(梅央宮)・梅大宮】
ハラ央君「むめひと」の宮。(ハラアサマ宮の後の名)

『やまのほり くたるすはしり すそめくり むめおおみやに いりゐます』ホ32

 
むめ(梅)」+「おおみや(央宮)
「むめ」は「むめひと」を指す。
「おおみや(央宮)」は「をきみ(央君)」と同義、また「央君の居る宮」の意。

別名:「むめみや(梅宮)
類語:
はらみのみや(晴みの宮/蓬莱身の宮)」「はらみや(晴宮・蓬莱宮)」「さかおりみや(栄秀宮)」「としたみや(ト下宮)」やすくにみや(安国宮)」「はらあさまみや(蓬莱浅間宮)」「しわかみのほつまのみや(磯輪上の秀真の宮)

  

10/01/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】