をきみ  ヲキミ  wokimi
おをきみ  オヲキミ  owokimi

  

【(央君)】【(親王)】【太君】
1.地域の中心にある君。 =うおきみ・うほきみ
(和つ君の補佐的な地位で比較的大きく重要な地域を総括する)

『ををんかみ はらのをきみと なおたまふ にはりのたみか ことしたふ』ホ24
『いまよりあにも なはやまと あすかをきみと はらをきみホ24
かくやまをきみ これきかす おうなのまつり いつこある』ホ24
『きみきこしめし しのみやお つくしをきみと みことのり』ホ25
『てれはゆきみて たおまさん かれむめひとお をきみとす』ホ25
『むめひとをきみ しわかみの ほつまのみやに かえりますかな』ホ25
『みゆきこふ ときにゐつせに みことのり たかのをきみと』ホ27

2.皇の子の内、中心的な者。親王。 =をみこ

『うちのうむみこ かゑしねの いみなみるひと うちのちち いきしおをきみホ31
『としはたち あすおしきねお をきみとし かすかおたまふ』ホ31
『かれあにをきみ うえなひて そのこおおやけ あわたおの』ホ31
かすかをきみの おしひめお いれてうちみや ことしそみホ31
『このみつは いらつめみおの すけうむこ ゐものめくすこ うちをきみホ38

3.=おおゑきみ(太上君)

 
おを(央・太)」+「きみ(君)
を(央・太)」+「きみ(君)

「おを・を」はここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある・主導する」などの意の名詞形。

類語:「うおきみ・うほきみ」「ををきみ

  

11/09/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】