かくやまをきみ  カクヤマヲキミ  kakuyamawokimi

  

【香久山央君】
あすかをきみ(飛鳥央君) の新名称。

初代:クシタマホノアカリ (てるひこ)

かくやまをきみ これきかす おうなのまつり いつこある』ホ24

2代:ニキハヤヒ (くにてる)

かくやまをきみ ははとめし こはめせとこす ふとたまの』ホ27
『さきにかくやま なかすねは みをやすへらき みこなきお』ホ28

 
かくやま(香久山)」+「をきみ(央君・皇君)
「あすか宮」を「かくやま宮」に改名したのに伴って、君の名も「あすか央君」から「かくやま央君」に変更されたというもの。

  

09/11/03

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】