ニギハヤヒ

→ 語義
  

饒速日命。
ホノアカリムメヒトタマネ姫の子。ニニキネコモリの孫にあたる。斎名:クニテル(国照)。
代嗣のなかったクシタマホノアカリの死後、アマテルの命でアスカ国を継ぐ(2代目カグヤマ央君)。
テルヒコの十種の尊宝を譲り受ける。

クシタマホノアカリは代嗣欲しさにアメミチ姫を娶るが、やはり子ができなかったので、アメミチ姫の兄・タクリの子であるタクラマロを養子とする。しかし后のハセ姫に憎まれ、アメミチ姫共々捨てられる。アスカを継いだニギハヤヒは、アメミチ姫を母として召すが、子のタクラマロは応じなかった。

ナガスネヒコの妹ミカシヤ姫を后にしてウマシマチを生む。
神武
の東征に屈し神武に降伏。 
後にウマシマチにより十種の尊宝は神武天皇に捧げられる。

  

アマテルオシホミミニニキネ┐
               ├──────ホノアカリ(ムメヒト)
  カグツミマウラアシツ姫┘       ┃   ┃  ┃  ┌クニテル(ニギハヤヒ)
               ┌ミゾクイイクタマ姫 ┃  ┃──┤
               │    └───イクヨリ姫 ┃  └タケテル(タケヒテル)
 オホナムチクシヒココモリ┴────────────タマネ姫
  
  
ニニキネホノアカリ┐
          ├┬─────ニギハヤヒ
コモリ──タマネ姫─┘│       ┃
           └タケテル   ┃
                   ┃──ウマシマチ
タカキネフトタマ─??┬ナガスネヒコ ┃
           │       ┃
           └─────ミカシヤ姫
  
  
ニギハヤヒウマシマチヒコユキオオネ
                ┣イツモシコ
                ┗イヅシココロオオヤクチウツシコヲ
                       ┃     ┣ウツシコメ
                       ┃     ┗ヘソキネ━┓
                       ┃           ┃
                       ┗オオミナクチホツミ ┃
                                   ┃
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃
┣イカシコヲトイチネイカシコメ
  
  

大阪府東大阪市東石切町、石切劔箭 (イシキリツルギヤ) 神社
奈良県大和郡山市矢田町字東良、矢田坐久志比古 (ヤタニマスクシタマヒコ) 神社
  

★『旧事』天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあまのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)。 
■他文献ではクシタマホノアカリと同一視されているが、無理もない。
和照る 尊御子 斎船に乗り 天下り アスカに照らす ニギハヤヒ 妹ミカシヤを とし 生む御子の名も ウマシマチ が君はこれ ニギハヤヒ アマテル神の 尊宝 十種を授く あに他に 神の御孫と 偽りて 国 奪はんや』29文
この部分だけ読めば、同一視されるのも当然と思う。
  

タマネ姫 クニテル宮と タケテルと 生めばナツメが 産着成す』27文
の嘆きは "嗣も無や" の教えは "ハラ宮の クニテルを嗣 和照らす ニギハヤヒ君"』27文
『喪に入りて 領庭端の 陵 成す 後に十種の 譲り受け 年回る日も 喪に入りて アスカの神と 祭るなり』27文
カグヤマ央君 母(アメミチ姫)と召し 子(タクラマロ)は 召せど来ず』27文
フトタマの 孫ミカシヤを 妻として ウマシマチ生む ナガスネは 重の臣なり』27文
『蔵人見つけて これを告ぐ タネコ驚き に告ぐ 差使遣れば 御子答え "蔵人が業は 我 知らず"』28文
カグヤマの臣 ナガスネが 儘に奮えば 騒がしく ハラの央君は 糧止む』29文
シホツチの 翁 勧めて "ニギハヤか 如何ぞ 行きて 平けざらん" 諸御子も "実に いやちこ" と』29文
『しばし考ふ ニギハヤヒ "流離男 寄す" と  お猛びて また一言交も "から" と  軍を退けば 御方笑む』29文
アスカに照らす ニギハヤヒ 妹ミカシヤを とし 生む御子の名も ウマシマチ29文
が君はこれ ニギハヤヒ アマテル神の 尊宝 十種を授く あに他に 神の御孫と 偽りて 国 奪はんや』29文
『時に 応え言ふ "も  真なら 璽あらんぞ" ナガスネが 君の靫より 羽々矢璽を に示せば 尊璽29文
『懇を知る ニギハヤヒ "我がナガスネが 生れ付き 天地分かぬ 頑を" 斬りて諸率き 服えば』29文
は本より クニテルの 忠を映し見 磐余の 籠屋に方を練り 年越えて』29文
『あなにえや 得つは和つ結ふ 和き国 形 蜻蛉の 因めせる これ蜻蛉洲31文
和尊は ヤマト心安 還根国 ヤマトヒタカミ ソコチタル 地上ホツマ オオナムチ 玉垣内方 ニギハヤヒ 空みつ大和31文
『昔アスカの ナガスネが  盗めども アスカ君 正さぬ故に "乗り下せ ホツマ方平む 天下斎船" 世に歌ふ』
39文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】