うちをきみ  ウチヲキミ  utiwokimi

  

【内親王】
中軸の存在(アマテル神)を斎く親王。

『このみつは いらつめみおの すけうむこ ゐものめくすこ うちをきみホ38

 
うち(内・宇治)」+「をきみ(親王)
「うち」はここでは「中軸・中核」の意で、「さこくしろ内」「こゑうち(還内)」にある存在を表す。

類語:「うちのをみこ(内親王)」「うちみこ(内親王)」「いつき(斎)」「みつき(貢)」「みつえ(見仕え)」「みつえしろ(御杖代)

  

10/01/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】