おおみや  オオミヤ  oomiya
おほみや  オホミヤ  ohomiya
ををみや  ヲヲミヤ  wowomiya

  

【(央宮・皇宮)・大宮】
皇君の宮。都。政の府。朝廷。

『やそきねの おおみやみちこ きのすけに たなはたこたゑ きのうちめ』ホ6
『きみよろこひて こしならへ ゆくおおみやは やますみの みちむかえして』
ホ24
『やまのほり くたるすはしり すそめくり むめおおみやに いりゐます』ホ32
『たかまのはらの ををみやめ とよはたすけや ここたえの』ミ逸

 
おお(央・皇・大)」+「みや(宮)

類語:「おおとの(大殿)」「たかま(高天)」「あめ(天・央)」「みやこ(都)
派生語:「むめおおみや(梅皇宮)

 
 

【(大御宮・皇大宮)】
アマテルの神霊が座す宮。大中心の宮。

おおみやはしら しきたてて ちきたかしりて みやなれは』ホ36

 
おお(大御・皇大)」+「みや(宮)
「おお」は「至高・頂点・大中心・中核」などの意で、アマテルを表す。

 
 

【(追穢社)・大宮】<地名>
穢を追い払う宮。 <川間 (見沼畔) に建てられたヒカワ神の宮>

『かわあひののに おほみやお たててまつらす ひかわかみ』ホ39

 
おほ(追・逐)」+「み(穢・卑)」+
や(社・宮)
「おほみ」は「おほま(追曲)」の同義語。

  

10/02/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】