うまる  ウマル  umaru

  

【生る・産る】
B: (母体から)離れる・分れる。湧く。起る。
A: (世に)合う。結ぶ。現る。

『しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす めはみそふ』ホ1
『たまかえしせは ひとならん さきにまかるも をおときて ひとにうまるそ』ホ8
『すくなれは またよくうまれ よこほしは あゑかえらぬそ』ホ13
『あやかりて ひともうまるる みちわする』ホ13
『ほめはうまきに ふけるゆえ まれにうまるも まつしくて』ホ13

全部見る 

 
うむ(生む)」+「ある(受身)」の合成による自動詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・湧く・発す」、裏を返して「A: 合う・結ぶ・現る」などの意。

変態:「むまる(生る)」
派生語:「うまれ(生れ)

 
 

【埋まる】
A: 合う/合わす。交わる。収まる。

『すそのやつうみ みつうまり やくれとなかは かわらしと みつくりのうた』ホ32

 
うむ(埋む)」と同義語「まる(交る)」の合成。
ここでは「A: 合う/合わす・交わる・収まる」などの意。

変態:「うもる(埋もる)」「はまる(嵌る)」

  

10/01/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】