おほす  オホス  ohosu
おおす  オオス  oosu
ををす  ヲヲス  wowosu

  

【思す・(覚す)】
<尊敬表現> (心に)負う・留める。思う。意識する。考える。

『よつきこも かなとおほせは うらなひて つきかつらきの いとりやま』ホ4
『ふとたまかいふ かかなえて きみのおほすお ととめんや』ホ20
『ときにきみ おほすことあり こやねして にはりにととめ』ホ24
『ときにゐそすす みやにはゑ つらつらおほす うゑすして はゑるもあめよ』ホ28
『かくそおほして かみまつり みやこのそらお なかむみうたに』ホ38

全部見る 

 
おふ(負ふ)」+「す(尊敬)」の合成。
「おふ」はここでは「A: 合わす」の意。

変態:「おもす(思す)

  
 

【仰す】
<尊敬表現> 離す。放つ。発す。宣る。言う。

『のとはこれ もろにもふせと ををすとき』ホ14

 
おふ(放ふ)」+「す(尊敬)」の合成。
「おふ」は「いふ(言う)」の変態。
「ををす」の表記はアマテル専用の最高尊敬。

派生語:「おおせ(仰せ)」「おっしゃる」

 
 

【負す・課す】
合わせる。負わせる。持たせる。受けさせる。

『おさといとけの みちもあけ たみにおおする いとまあけ』ホ34
『あめうしにもの おほせやり あらしとゆけは うしみえす をきなのいわく』ホ34

おふ(負ふ)」+「す(使役)
「おふ」はここでは「A: 合う・受ける・持つ・担う」などの意。

変態:「おわす(負わす)」

  

10/01/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】