ホ  ho

  

【合・和・捕・補・保・欲・簿】合わせ。治め。調え。埋め。留め。補い。保ち。記。「ほふ」から。

『さきにもちこか うむみこは ほひのみことの たなひとそ』ホ6
『またうつろゐの やまさもり ゑとのほにより つきまもる』
ホ21
『みおのちわきも たはここに これかかみなり かりみやお みつとなつく』ホ24

【模】同上。合わせ。模倣。まねごと。遊び。遊戯。 =

『ゆみもよくいる たちまいも たくいあつめて かくれんほホ39

【圃・場・間・方・部】区分。区画。 空間・時間。

『みおのちわきも たはここに これかかみなり かりみやお みつとなつく』ホ24

【放・発・匂・火】放射。発散。 =に・ひ

『かきやふり むらくもおこし ほのほふき つふていかつち』ホ8
『くはちとたかふ くはきうの をのほおいとふ』
ホ8

【放・霊】同上。放つもの。エネルギーの放射。霊波。潤波。 =ひ(放)

あめのほと たらちねのほと めおまねき みつのちなみの つゆあふれ』ホ14
『あもとにまねく あらみたま つきのにこたま たらのほと』ホ16
『あまてらします おしほみみ みこはくしたま ほのあかりホ20
『とめのみつねは あめつちと ひとほかまねく みつのあな』ミ10

【穂・葉・緒】同上。「放ち・分れ・派生・派出」「端・末」などの意。

『くらゐのやまの いちゐさく よになからゑて さくもつは かみのほすゑそ』ホ4
『こたえとく すすはまさかき ほすゑのひ としにきなかの むよろほきホ13
『うゆるそのあき やつかほの なれはくにとみ こころよく』ホ15
『いぬうなる とみはほこりて こはおこる はやるとかや ほころひるらん』フいぬう

【秀・穂・火・熱・陽・日】正の方向に離れるさま。

『みくまのの みやまきやくお のそかんと うむのかみの かくつちに』ホ5
『かきやふり むらくもおこし ほのほふき つふていかつち』ホ8
『きらはみのほに なやまんそ ひとなるまては たすけおき』ホ8

『もちゐはゑしき うけかみに いはふほなかと ゆつりはの』ホ25
『へのちりは つきほもとみも たみわさも つまのうつくに やみやちるらん』フへきに

全部見る 

【帆・穂】同上。 突出。張り出し。高み。先頭。先端。

『つくもより いつのみさきに おあけて おきはしるめは』ホ20
あけともつな ときはなつ つくしうましの はまにつく』ホ25
『まこのしか ほわになすなよ かなさきは おかめおつくる』ホ27

【秀・穂・本・央・霊】同上。 極み。中心。核。実。心。源泉。本質。精髄。エッセンス。 =ひ(霊)

『かてむすひ むねほゑらみて ひとまろめ あかみやにすゑ』ホ18
『いのむくは のあやまちと つつしみて のそみもにけの いにやむくらん』フいむく

【果・穂・実】同上。成熟。成果。実り。満ち。至り。

『いさなみは ありまにおさむ はなとほの ときにまつりて』ホ5
『おもたるの すえにほほそと なるゆえに つきよみやりて』ホ15

【穂・年・歳】一年。真榊が一年間に伸ばす枝の長さ(半寸)。 =としとせ(年)

『およへともよ つきこなく みちおとろひて わいためな』ホ2
『そむゐますも ひとひとそ おほすはめくみ あつきなり』ホ4
『やたまゆらと まとふとき いかるあちすき たかひこね』ホ10
『すすはまさかき ほすゑのひ としにきなかの むよろほき』ホ13
『ひとのみも すかかてはみて よろほゑて かるるにほいも ここなしそ』ホ15

全部見る 

【蝕・穢・汚】負の方向に離れる/離す

『きつのなとほむしさるあや』ホ1
『さきにもちこか うむみこは ほひのみことの たなひとそ』ホ6

【ホ】八元神「トホカミヱヒタメ」の「ホの尊(ホの神・ホ祖・ホ元神)」

ほのかみきねに なめうけて はのふめもりて あふみまつ』ミ7
はきねにすむ ふためかみ あふつきふめお あにやわし』ミ9
『うかほきの ほつみならふる ほもとかみミ9

  

11/03/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】