うつほ  ウツホ  utuho

  

【空・(空洞・虚空)】
何もないさま。空いているさま。
 ●虚無。陽陰が分離する前の原初の宇宙空間。

『ひかしのほりて にしくたり うつほにめくり』ホ14
『あめみをや あておむすひて ふくうつほ きわなくめくり』ホ18
『みつにあふらの うかむさま めくるうつほの そのなかに』ミ6

 ●空間。空気。気体。天空。そら。

『をのうつほ かせうむかせも ほおうみて をはみつとなり めはふたつ』ホ14
うつほかせほと みつはにの ゐつましわりて ひととなる』ホ14
『をのうつほ かせうみかせも ほとわかれ うをせのむねは ひのわなる』ホ15
『はにうつほ うけてははいし すかはたま』ホ15
『やまにうつほの とほりなる あらかねのあわ すすなまり』ホ15

全部見る 

 ●人の住む地上の空間。

うつほにすめと そらとはす はにふみおれは こたえしる』ホ17

 ●(覆い切れずに残る)空白。間隙。
 ●実態のないさま。虚無なさま。目的や意味のないさま。

『はははうつほね またたたは はるのそらねお はにあみて』ホ16

 
うつふ(棄つふ・空ふ・虚ふ)」の名詞化。
「うつふ」は「うつ(棄つ・失つ)」と同義語「つふ(禿ぶ)」の合成。
ここでは「B: 離れる/離す・放つ・払う・空く」などの意。

変態:「うつろ(空ろ・洞ろ・虚ろ)
類語:「あほ(空洞)」「あわ(泡)」「そら(空)

  

10/06/15

  

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】