うつろ  ウツロ  uturo

  

【空・洞・虚】
1.(何もない)空間。そら。また空間に満ちる気。空気。

『はたたかみなり いふきとは うつろゐまねき これおけす』ホ8
うつろくつわや くにたまお ひとぬきのをと こころゑは』
ホ191
『やなゐかくろひ うつろもり きねのひときお ゐやしろにせよ』ホ21

2.(覆い切れずに残る)ブランク。空白。間隙。穴。

『やなゐかくろひ うつろもる うつろゐのかみ あらはれは』ホ22

3.=うつろゐ

『あほおあめ うひおくにたま うつろのり しなとのたつな のりめくり』ホ191
『あもとあらわれ うみてのる うつろしなとに はおめくり』ミ6

 
うつ(棄つ)」の連体形「うつる(棄つる)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・退く・空く」などの意。

変態:「うつほ(空)
類語:「あほ(空)
派生語:「うつろゐ(空率/空埋)

  

10/03/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】