ふつ  フツ  futu

  

【(付つ・二つ・扶つ・直つ・悉つ)・打つ】
A: 合う/合わす。当たる/当てる。助ける。匹敵する/させる。直る/直す。

変態:「あつ(当つ)」「うつ(打つ・現つ)」「ひつ(漬づ)」「ふす(付す)」「へす(圧す)
派生語:「ふた(二・蓋・悉・札)」「ふつき(文月)」「ふち(斑・縁・藤
)」「ふと(付・打)」「ふち(付・打・扶持)」「ふたち(両道)」「ふちり(扶治り)

 
 

【棄つ】
B: 離れる/離す。分れる/分ける。限る。放つ。払う。発す。
そる/そらす。曲る/曲げる。傾く。

変態:「うす(失す)」「ゆす(濯す)」「ほす(没す)
派生語:「ふち(縁)
派生語:「つふて(飛礫)」「かたふち(傾ち)

 
 

【(悉つ・沸つ・鬱つ・熟つ・全つ・至つ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「はす(馳す)」「ひつ(秀つ)」「ほつ(秀つ)
派生語:「ふと(太)」「ふち(太)」「ふつし(悉し)」「ふつく(悉く)」「たふとし(尊し)」「もふつ(詣づ)

 
 

【(失つ・落つ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」
  
変態:「はつ(果つ)」「ふす(臥す)」「へす(減す)」「おつ(落つ)」「やす(痩す)
派生語:「ふち(淵)

 
 

【(直)・悉/沸・悉】
1.合うさま。それないさま。直ぐなさま。一途なさま。直り。直し。調和。

『なこそしる ふつのみたまの ささむかひ かゐのはまくり あふみをち』ホ11
『みかつちの ふつのみたまお くらにおく これたてまつれ あひあひと』
ホ29

2.上り。日の昇り。ほつま。東。左。

ふつぬしか てたておとえは かなさきの をきなこたゑて』ホ8
『なこそしる ふつのみたまの ささむかひ かゐのはまくり あふみをち』ホ11

 ●<副詞的に> まさしく。直に。もれなく。甚く。まったく。完全に。ことごとく。

『ふたかみの おきつほにゐて くにうめと たみのことはの ふつくもり』ホ5
『ををひやまさの としたみや さらにつくりて ふつなるお あめにつくれは』ミ4

 
「ふつ(付つ・直つ/悉つ・沸つ)」の名詞化。

変態:「ひと(一)」「ひた(直)」「ふた(直)」「いつ(厳・逸)」「いたいと(甚)」「ふと(太)」「また(全)
類語:「ほつま(東)
派生語:「ふつし(悉し)」「ふつぬし(経津主)」「ふつのみたま(直の尊)

 
 

【(二)】
二つあるさま。釣合うさま。対になるさま。
 ●ふたな(二名) の略。四国を指す。

『さきにつみはと たけふつと いふきのみやに ふそよかた してをさめしむ』ホ27

 
「ふつ(付つ・二つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・匹敵する・対になる」などの意。

変態:ふた(二)

   

10/03/14

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】