はつ  ハツ  hatu

  

【(合つ・当つ・生つ・在つ・現つ)・泊つ】
A: 合う/合わす。打つ。刺す。在る/現す。留まる/留める。植える。匹敵する。反応する。

変態:「ひつ(漬づ)」「ふつ(打つ)」「へす(圧す)」「あつ(当つ)」「まつ(交づ)
派生語:「はた(機)」「はち(蜂)」「みはた(御機)」「はと(波止)」「はと(侍人)」「はたこ(旅籠)」「はたる(徴る)」「はたく(叩く)」「すなはち(即ち)

 
 

【(離つ・放つ・派つ・発つ)・外つ・恥づ】
B: 離れる/離す。放つ。分れる/分ける。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『ひさかたの あまてるかみの はつみよに ひよみのとりの』ホ22
『きみなうれひそ たせさるは わかこころあり わかはつこ おおたたねこに』ホ33

 
変態:「はす(発す)」「ふつ(棄つ)
派生語:「はつす(外す)」「はた(端・傍・肌)」「はち(恥)」「はつ(初・発)」「はつかし(恥づかし)」「とわた(迸た)」「かきつはた(杜若)」「はたし(裸足)」「はたく(開く)

 
 

【(回つ・復つ)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。繰り返す。復帰する。動く。

変態:「おつ(復つ)」「ゆす(揺す)」「いす(揺す)」「ます(回す)」「みす(廻す)」「もつ(戻つ)」「わつ(回つ)
派生語:「はつ(復)」「はたらく(働く)

  
 

【(栄つ・跳つ・馳つ・熟つ・悉つ)・果つ】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

はつはかしらの ゐをしてえ めくらしつらぬ そのつきは』ホ39
はつにをうみの ゑとのこの ゑみこあにつき をうみたす』ミ6

 
変態:「はす(馳す)」「ひつ(秀つ)」「ふつ(悉つ)」「ふす(燻す)」「ほつ(秀つ)
派生語:「はつらつ(剌)」「はた(畑)」「はと(鳩)」「はつき(葉月)」「はつほ(果穂)

  
 

【(破つ・落つ・外つ)・果つ・恥つ】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『そさのをはちて ねにかえる のちおおやひめ つまつひめ』ホ9
『をせゆるさねは いやはちて まからんときに くらむすひ』ホ13
『みかつちは なおはちすすむ こもりみて つるきおおかみ いたたけは』ホ16
『まさにはつへし あめつちか わるさなせそと さかしこそすれ』ホ17
『はははいま はちかえるなり まみゆおり もかなとすてて』ホ26

全部見る 

 
変態:「はす(破す)」「ふす(臥す)」「へす(減す)」「ほつ(没つ)
派生語:「はて(果て)」「はち(恥)」「はつかし(恥づかし)

  
 

【初・発・(始・端)】
始め。起り。発すること。
●元日。 ●毎月の一日。 ●一月。睦月。 ●はつほ(初穂・第一穂)。 ●はつゑ(初枝・第一枝)。

『みふゆかみおき はつひもち あわのうやまひ』ホ1
『ややはつあきの もちのひに ひらくひとみの しほのめは』ホ4
『やよろとしへて ふそふすす ゐもゐゑはつに』ホ6
『ももにとつきて はつみかに さむかわあひる そさのをは ひかわにあひる』ホ13
はつのよは くにとこたちそ あめにゆき みるもとあけの もりさため』ホ13

全部見る 

 
「はつ(放つ・発つ)」の名詞化。

変態:「まつ(先ず)」「はし(端)

 
 

【(復・回)】
回り。繰返し。連続。エンドレス。復帰。

『かくやひめ なるうちめゐか ことほきし はつたなはたの かみまつり』ホ35

 
「はつ(回つ・復つ)」の名詞化。

変態:「おと(復)」「おち(復・変若)」ふた(二)
類語:
いま(今)」「さら(更・新)

  
 

【(果・至・悉)】
正の方向に離れるさま。 至り。果て。極まり。完了。終了。

『みことのり たかはふたかみ はつのみや いまやふるれは つくりかえ』ホ27

 
「はつ(果つ)」の名詞化。

変態:「はて(果て)」「ふつ(沸・仏)」「いつ(至・逸)」「いたいと(甚)」「ふと(太)」「また(全)

 
 

【(破・果)】
負の方向に離れるさま。 終わり。滅亡。

「はつ(破つ・果つ)」の名詞化。

  

10/07/18

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】