はつほ  ハツホ  hatuho

  

【(果遂・果穂・果実)】
正の方向に離れるさま。 上がり。至り。成熟。実り。成果。結実。果実。収穫。

『うけもちか はつきはつひに なるはつほ とよくんぬしに たてまつる』ホ15
『ふそとしさみと こしうしろ はつほをさめす またむかふ』ホ31
『なこそより きたはみちのく くにのかみ もかたのはつほ ささけしむ』ホ39
『つかるゑみしは みちひこに なそかたはつほ ささけしむ』ホ39

 
「はつふ」の名詞化。
「はつふ」は「はつ(果つ)」と同義語「つふ(逹ふ・遂ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「ほつみ」「ほつま」「みつほ」「はつみ(弾み)」
類語:「やまは
みのり(実り)

 
 

【初穂】
鈴暦における初穂(第一年目)。キアヱの年。

『よそこのすすの こもそひゑ はつほきあゑの はつみかに こやねもふさく』ホ27

 
はつ(初)」+「ほ(穂)

類語:「はつとし(初年)

 

  

09/11/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】