ほつみ  ホツミ  hotumi

  

【(秀つみ・果実・東)・穂積】
1.
至り。成熟。実り。成果。結実。果実。収穫。 =ほつまはつほみつほやまは

そろのほつみの みけもまた うすつきしらけ』ホ15
『みあつくなれは にきはひて かれにほつみの まつりなす』ホ31
『うかほきの ほつみならふる ほもとかみ』ミ9

2.(1より) 収穫の時期。八月。 =はつき

『みをやおくりの ほつみひと しわすのむかと もはにいり』ホ31
ほつみにいたる いくはむら みけすすむひに かしはてへ みさらわすれる』ホ38
『ゐそみほほつみ みことのり かえりおもえは やむひなし』ホ40
『まきむきの ひしろのゐそみ としつみゑ ほつみはつひに』ミ序
ほつみはつひは うけまつり ふめたつかせに かやおふす』ミ7

3.「ホツミの祭」の略。 実りを神に感謝する祝。

『かえりもふての ほつみおも みつからまつり たまふゆえ くにゆたかなり』ホ37
『しのやまは たおうけもちの やつみみも かせうほつみも ちからもるなり』フしやま

4.(日が)上る地。東。 =ほつまあつま
5.<地名・人名> 穂積。
  ホツマ国に根拠を置き、代々ハラヲキミに仕える族の姓と思われる。その祖はおそらくオオヤマスミ

『むめみやの はふりほつみの おしうとに いつあさまみこ やまつみの』ホ32
『たちはなひめと ほつみてし さくらねましお さきにやり』ホ39

 
ほつむ(秀つむ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「ほつま」「あつま(東)」「はつほ(果穂)」「みつほ(瑞穂)
類語:「やまは(熟果)
みのり(実り)」「いなほ(稲穂)」

  

10/01/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】