はち  ハチ  hati

  

【(外ち)・恥・辱】
1.それ。曲り。外れ。異常。誤り。

『これもまた このかすならす あしふねに なかすあはちや』ホ3
『そのよまた かみゆきみれは かなまこと いれすはちみす』ホ5

『なすことなくて かなしきは よそはよろこふ しむのはち くやめとかえぬ』ホ17
『ひととせも へさるおせめは よのはちは なんちのこころ けかれより』ホ20
『しろこやに かえりちかつて ねたまれの わかはちすすけ このさくら』ホ24

全部見る 

2.そらし。曲げ。外し。歪曲。捏造。批判。

『おかするも おしてのはちも ももともも』ホ7

3.並外れるさま。異常。非常。

『わかかんはせも あえみえす はちはつかしく あめにこふ』ホ13

 
はつ(外つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる/離す・それる/そらす・曲る/曲げる」などの意。

変態:「はて(果)」「はし(端)」「ふち(縁)

 
 

【蜂】
刺すもの。

『たかまはむつの はたれかみ はちのことくに みたるれは』ホ9

 
はつ(合つ・当つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・打つ・刺す」などの意。

  

10/03/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】