さら  サラ  sara

  

【更・新・(浚・渫)】
回転。循環。運営。回帰。更新。 回帰する所。原点。 改まるさま。新た。

さらりむしさり ゑおはらひ やはりわかやき よみかえる』ホ1
さらにかえりて ふたかみは あらたにめくり』
ホ3
『みかはしり しわさらにきる きさらとて ははのつつしみ』ホ16
『これとこたちの さらのゐつ わけいかつちの あまきみと をしてたまわる』ホ24
『かくよみて やまのさらなと おぼすとき たこのうらひと』ホ32
『くにとこたちの むろやより みやとのつくる はさらたみ』ミ8

 ●<副詞的に> 元に戻って。あらためて。新たに。また。なお。いま。

『つるきふりにけ えひなくる しこめとりはみ さらにおふ』ホ5
『ふつぬしもろと ゆかけして さらにむかいて やおもとむ』ホ8
『はしかみと めかおいふせは みたるるお さらにたたかひ おひつめて』ホ8
『みめくりは ふつきいたれは みかはしり しわさらにきる』ホ16
『うつをかみ たとひひとたひ ことみたれ さらにあらんや』ホ21

全部見る 

 
さる(浚る・渫る)」の名詞化。
ここでは「C: 回る/回す・替る/替える・還る/還す・戻る/戻す」などの意。

変態:「さり(更)」「しらしろ (白)」「ちゃら」
類語:「あらた(新た)
あら(新)ふた(二)」「いま(今)」「おと(復)」「はつ(回・復)

 
 

【(鋭・清・精・優・聳)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

さる(鋭る・優る)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上げる・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」などの意。

変態:「すみ(済み)

 
   

【皿】
(何かを)収めるもの。容器。

さる(添る)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・受ける・盛る」などの意。

  
 

【サラ・(佐保)】
「さほかわ(佐保川)」をいうように思われる。

『かもにみゆきの みちつくり さらにうちはし つくりきの きつはかりはし』ホ37

 
さる」の名詞化。
語義は不明。
「さる」は「さふ」の変態で、その名詞形は「さほ」。

『千鳥鳴く 佐保川門の Pを廣み 打橋渡す 汝が來と思へば』万4 坂上郎女

 
関連語:「さらさら」「せせらぎ」

  

12/02/22

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】