さほ  サホ  saho
さお  
サオ  sao
さを  サヲ  sawo

  

【(添・支・差)】
合わせ。添え。植え。差し向け。派遣。

『みはたより さおしかにめす かんさひと こくみははこと』ホ7

 ●土に植える物を数える単位。

『かくのきよさほ かふよさほ もちきたるまに きみまかる』ホ37

 
さふ(添ふ・支ふ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・添える・植える・つかわす」などの意。

変態:「そひ(添い・沿)」「そえ(添え・副)
派生語:「さをしか(差使)

 
 

【竿・棹・(垂)】
1.下げ。下に降ろすもの。
水棹

『うのとりの あつみかわゆく いかたのり さおさしおほえ ふねとなす』ホ27
しいさほのすえ もたしめて ふねにひきいれ なおたまふ しいねつひこの』ホ29
『すおえては きりひにさむる ひえあれと なかれのふねに さおそゑにける』フすえて

2.下に降りたさま。倒れたさま。

『あさしもの みけのさおはし まへつきみ いやわたらすも みけのさおはしホ38

 
さふ(垂ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる/離す」で「下がる・倒れる・下げる・降ろす」などの意。

変態:「しい(垂)

 
 

【(騒・聳・栄・繁・多・爽・冴)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『いまわかゆめに いろおろち くひにまとえて さほのあめホ35

 
さふ(騒ふ・栄ふ・聳ふ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

変態:「さわ(多・騒)」「さや(明・清)「さえ(冴え)」「ざーざー」

  

11/04/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】