※29文〜40文は、地名については原義と異なると思われる場合でも、現在一般に使用されている漢字で表記しています。

  
 【原文カタカナ訳】      【語義考察】           【漢字読み下し】
 トリアワセタチハナノアヤ   とりあわせたちはなあや     鶏合せ 橘の文
  
 タマキミヤ フソナホハツキ  たまきみや ふそなはつき    珠城宮       二十七年八月
                                 (垂仁天皇)        (上鈴715年)

 ナカヲミト イクサウツワオ  をみと いくさうつわお    七日ヲミト      兵器を

 ミテクラニ ウラトエハヨシ  みてくらに うらとえよし    幣に        占問えば吉

 ユミヤタチ モロノヤシロニ  ゆみたち もろやしろに    弓・矢・太刀     諸の社に

 ヲサメシム カンヘサタメテ  をさめしむ かんへさためて    納めしむ      神部定めて

 ヨリヨリニ ウツワニマツル  よりよりに うつわまつる    よりよりに     器に祭る

 ハシメナリ          はしめなり            初めなり
  
       フソヤホカンナ        ふそやかんな              二十八年十月
                                             (上鈴716年)
 
 ヰカマカル アニヤマトヒコ  まかる あにやまとひこ    五日罷る      兄ヤマトヒコ

 ネツキフカ オモムロオクル  ねつき おもむろおくる    十一月二日     骸 送る

 ツキサカニ ハヘルヒトラオ  つきさかに はへるひとお    築坂に       侍る人らを

 イキナカラ ウツメハサケヒ  いきなから うつめさけひ    生きながら     埋めば叫び

 ツヒニカル イヌトリハムオ  つひかる いぬとりはむお    つひに枯る     犬・鳥 食むを

 キコシメシ アワレニオホス  きこしめし あわれおほす    聞こし召し     哀れに思す

 ミコトノリ イキオメクマテ  みことのり いきめくま    御言宣       「生きを恵まで

 カラスルハ イタマシヒカナ  からするは いたましひかな    枯らするは     痛ましいかな

 フルノリモ ヨカラヌミチハ  ふるのりも よからみちは    古法も       好からぬ道は

 ヤムヘシソ          やむへしそ            止むべしぞ」
  
       ミソホハツムカ        みそはつ              三十年一月六日
                                             (上鈴718年)

 ミコトノリ ミコヰソキネト  みことのり みこゐそきねと    御言宣       御子ヰソキネと

 タリヒコト ノソムトコロオ  たりひこと のそむところお    タリヒコと     「望む所を

 モフスヘシ ヰソキネイワク  もふすへし ゐそきねいわく    申すべし」     ヰソキネ曰く

 ユミヤヱン タリヒコイワク  ゆみや たりひこいわく    「弓矢得ん」     タリヒコ曰く

 クライヱン キミフタミコノ  くらいゑん きみふたみこの    「位得ん」      君 二御子の

 ノソムママ ユミヤタマワル  のそむまま ゆみやたまわる    望むまま      弓矢賜わる

 アニノミヤ オトハクライオ  あにのみや おとはくらいお    兄の宮       「弟は位を

 ツクヘシト          つくへしと            継ぐべし」と
   
       ミソフホフツキ        みそふふつき              三十二年七月
                                           (上鈴720年)

 ムカマカル キサキヒハスノ  まかる きさきひはすの    六日罷る       ヒハスの

 ミオクリハ モロトミメシテ  みおくりは もろとみめして    回送りは      諸臣 召して

 ミコトノリ サキノオヒカレ  みことのり さきおひかれ    御言宣       「先の追枯れ

 ヨカラネハ コノオコナヒハ  よからは このおこなひは    好からねば     この行ひは

 イカニセン ノミノスクネカ  いかにせん のみのすくねか    如何にせん」    ノミのスクネが

 モフサクハ イケルオウツム  もふさくは いけるうつむ    申さくは      「生けるを埋む

 タメシトハ アニヨカランヤ  ためしとは あによからや    例しとは      あに良からんや

 ハカラント          はからんと            計らん」と
 
       イツモノハシヘ        いつもはしへ              出雲埴仕侍

 モモメシテ ハニテコオヨヒ  ももめして はにてこおよひ    百召して       埴偶および

 クサクサノ カタチツクリテ  くさくさの かたちつくりて    種々の       形造りて

 タテマツル イマヨリノチハ  たてまつる いまよりのちは    奉る        「今より後は

 ハシモノオ イケルニカエテ  はしものお いけるかえて    埴仕物を      生けるに代えて

 ミササキニ ウエテタメシト  みささきに うえためしと    陵に        埋えて例しと

 ナスヘシヤ          なすへしや            なすべしや」
  
       キミヨロコヒテ        きみよろこひて              君 喜びて

 ミコトノリ ナンチカハカリ  みことのり なんちはかり    御言宣       「汝が計り

 ワカココロ ヨシトハニワノ  わかこころ よしはにわの    我が心       好し」と 埴生の

 タテモノオ ノチノタメシト  たてものお のちためしと    奉物を       後の例と

 サタマリテ ノミノスクネオ  さたまりて のみのすくねお    定まりて      ノミのスクネを

 アツクホメ カタシトコロオ  あつくほめ かたしところお    篤く褒め      形し所を

 タマワリテ ハシノツカサソ  たまわりて はしのつかさそ    賜わりて      埴仕の司ぞ
  
  
 ミソミトシ ミワノタタネコ  みそみとし みわたたねこ    三十三年      ミワタタネコ
                                   (上鈴721年)

 ヤマシロカ タチニイタレハ  やましろか たちいたれは    山背が       に到れば
                                (山背国造)

 サラストフ ムスメヒトリオ  さらすとふ むすめひとりお    サラス問ふ      「娘一人を
                                 (大国県主)       (カマハタ)

 ミヤニコフ タレニヤリテモ  こふ たれやりても    三家に乞ふ     誰に遣りても

 フハウラム コメサシタマヘ  うらむ こめさしたまへ    二は恨む      極め指し給へ」

 コタエイフ アスカモカミノ  こたえいふ あすかもかみの    答え言ふ      「あす賀茂神の
                                 (タタネコ)

 ミマエニテ コメサタメント  みまえにて こめさためと    御前にて      極め定めん」と
  
  

 トモニユク ミヲヤノカミニ  ともゆく みをやのかみに    共に行く      御祖の神に
                                  (タタネコとサラス)     (河合宮)

 ニキテナシ タテマツルワカ  にきてなし たてまつるわか    和幣成し       奉るワカ
                                             (和歌)
  
 アメツチノ ミヨノサカエオ  あめつちの みよのさかえお    『天地の       和の栄えを
                                  (陽陰)

 イワハルル メヲノミヲヤノ  いわはるる めをのみをやの     祝はるる      夫婦の御祖の
                   (尊敬)                     (ウガヤとタマヨリ姫)

 カミソタフトキ        かみたふとき           神ぞ尊き』
  
  
 トキニカミ ツケノミウタニ  ときかみ つけみうたに    時に神       告げの御歌に
  
 ヨノナカニモノオモフヒトノ  よのなかに ものおもふひとの   『世の中に     もの思ふ人の

 アリトイフハワレオタノマヌ  ありいふは われたのま    有りといふは   我を頼まぬ

 ヒトニソアリケル       ひとにそありける          人にぞありける』
  
  
 カミウタオ キキテタタネコ  かみうたお ききたたねこ    神歌を       聞きてタタネコ

 イワクコレ マヨフユエナリ  いわくこれ まよふゆえなり    曰く「これ     迷ふ謂なり

 イマヨリソ モモカモフテテ  いまよりそ もももふてて    今よりぞ      百日詣でて

 キタリマセ ワレハカラント  きたりませ われはからと    来たりませ     我 計らん」と

 ユクキフネ タタネコカウタ  ゆくきふね たたねこかうた    行く貴船       タタネコが歌
  
  
 アワウミノ アツミノカミト  あわうみの あつみのかみと   『アワ海の      安曇の神と

 スミノヱモ トモニキフネノ  すみのゑも ともきふねの    スミノヱも     共に貴船の

 マモリカミカナ        まもりかみかな          守り神かな』
  
  
 
 カモニユキ ワケイカツチノ  かもゆき わけいかつちの    賀茂に行き     ワケイカツチの
                                 (別雷宮)

 カミモマタ ニキテトワカト  かみまた にきてわかと    神もまた      和幣とワカと

  
  
 ヒトクサオ ワケイカツチノ  ひとくさお わけいかつちの   『人草を       ワケイカツチの

 マモルユエ ミヨハオサマル  まもるゆえ みよおさまる    守る故       世は治まる

 カモノカンカセ        かもかんかせ          カモの神風』
  
  
 タタネコハ カエリモフサク  たたねこは かえりもふさく    タタネコは     帰り申さく
       [シルシササケテ]         [しるしささけて]               [璽 捧げて]

 カモノミヤ アルルオフシテ  かものみや あるるふして    「賀茂の宮     粗るるを付して
                                 (河合宮・別雷宮)

 オモミレハ カモトイセトハ  おもみれは かもいせとは    思みれば      賀茂と伊勢とは
                                          (賀茂の神妹背の神は)

 ミヲヤナリ ステニヤフレテ  みをやなり すてやふれて    上祖なり      すでに破れて

 イツホソシ マモリホソキハ  いつほそし まもりほそきは    稜威細し       守り細きは

 オトロヒカ          おとろひか            衰ひか」
  
       キミキコシメシ        きみきこしめし              君 聞こし召し

 タタネコカ マコクラマロオ  たたねこか まこくらまろお    タタネコが     孫クラマロを

 イワヒヌシ ナモオオカモト  いわひぬし おおかもと    斎主        名もオオカモと
                                             (大鴨積命)

 カモヤシロ サラニツクラセ  かもやしろ さらつくら    賀茂社       新に造らせ

 ネツキモチ ミヲヤワタマシ  ねつきもち みをやわたまし    十一月十五日    御祖 渡坐し
                                           (賀茂御祖神社)

 アスソムカ ワケイカツチノ  あすそむ わけいかつちの    翌十六日      ワケイカツチの

 ミヤウツシ オオタタネコオ  みやうつし おおたたねこお    宮移し       オオタタネコを
                                (賀茂別雷神社)

 サオシカノ ニキテオサムル  さおしかの にきておさむる    差使の       和幣納むる
  
  
 ツキノトシ カモニミユキノ  つきとし かもみゆきの    次の年       賀茂に御幸の
                                (上鈴722年)

 ミチツクリ サラニウチハシ  みちつくり さらうちはし    道造り       サラに打橋
                                           (佐保川)

 クリノ キツハカリハシ  つくりきの きつかりはし    造り木の      木津は仮橋
                                           (木津川)
  

 ヤヨヒハヒ ヤソトモソロエ  やよひはひ やそともそろえ    三月初日      八十供そろえ

 ミヤコテテ タマミツヤトリ  みやこて たまみつやとり    都 出て       玉水宿り

 フカカアヒ ミテクラオサム  かあひ みてくらおさむ    二日河合       幣 納む

 ミヲヤカミ ヤマシロフチカ  みをやかみ やましろふちか    御祖神       山背フチが
                                (賀茂御祖神社)      (山背国造)

 ミアエナス ミカキフネヨリ  みあえなす きふねより    御饗なす      三日貴船より

 カモニユキ ワケイカツチノ  かもゆき わけいかつちの    賀茂に行き     ワケイカツチの
                                           (賀茂別雷神社)

 オホカミニ ミテクラオサメ  おほかみに みてくらおさめ    大神に       幣 納め
 カモスミカ ニイトノマエニ  かもすみか にいとのまえに    カモスミが     新殿前に
                                 (大鴨積命)

 トリケアフ          とりけあふ            鶏 蹴合ふ
                                 (鶏合せ)
 
       キミタノシメハ        きみたのしめは              君 楽しめば

 ワランヘカ イロヨキトリオ  わらんへか いろよきとりお    童んべが      色良き鶏を

 ホメイワク イヨカマハタヨ  ほめいわく いよかまはたよ    褒め曰く      「いよカマハタよ」

 キミトケス マテニトフイマ  きみとけ まてとふいま    君 解けず      左右に問ふ「今

 ワランヘカ カマハタハナニ  わらんへか かまはたはなに    童んべが      カマハタは何」

 イワクコレ ハヤリウタナリ  いわくこれ はやりうたなり    曰く「これ     流行り歌なり

 オホクニカ ムスメカマハタ  おほくにか むすめかまはた    大国が       娘カマハタ
                                (大国サラス)

 ウツクシク アメニカカヤク  うつくしく あめかかやく    美しく       あめに輝く

 コレナツク          これなつく            これ名付く」
  
       ヨカウチニユク        うちゆく              四日宇治に行く
                                             (山城の宇治)

 ミチスカラ ヨキヒトエンハ  みちすから よきひとは    道すがら      「良き人得んば

 シルシアレ ホコトリイノリ  しるしあれ ほことりいのり    徴あれ」       矛取り 祈り

 オホカメオ ツケハナルイシ  おほかめお つけなるいし    大亀を       突けば成る石

 コレシルシ ウチノカメイシ  これしるし うちのかめいし    これ徴        宇治の亀石
  
  
 カエルノチ サラスカムスメ  かえるのち さらすむすめ    帰る後       サラスが娘
                                             (大国サラス)

 ヨヒノホセ カマハタトヘオ  よひのほせ かまはたとへお    呼び上せ      カマハタトベを

 キサキトシ イワツクワケノ  きさき いわつくわけの    后とし       イワツクワケの
                                 (内宮)

 ミコオウム イムナトリヒコ  みこうむ いむなとりひこ    御子を生む     斎名トリヒコ
  
  
 フチカメノ カリハタトヘモ  ふちの かりはたとへも    フチが姫の     カリハタトベも
                                 (山背フチ)

 ミヲヤワケ ヰイシタリヒコ  みをやわけ ゐいしたりひこ    ミヲヤワケ     ヰイシタリヒコ

 ヰタケワケ ミタリウムナリ  ゐたけわけ たりうむなり    ヰタケワケ     三人生むなり
  
  
 ミソヰホノ ナツキヰソキネ  みそゐの なつきゐそきね    三十五年の     九月 ヰソキネ
                                 (上鈴723年)

 タカイシト チヌノイケホル  たかいしと ちぬいけほる    高石と       茅渟の池掘る
                                (河内の高石)

 メツキホル サキトアトミト  めつきほる さきあとみと    十月掘る       狭城迹見と

 モロクニニ ヤモノイケミソ  もろくにに やもいけみそ    諸国に       八百の池溝

 ツクラシム ナリワヒフエテ  つくらしむ なりわひふえて    造らしむ      成栄 増えて

 タミトメル          たみとめる            民 富める
                                                           (「富む」の連体形)
  
       ミソナホハツヒ        みそなはつひ              三十七年 初日
                                           (上鈴725年)(元日)

 ヲミヱタツ タリヒコハソヤ  をみゑたつ たりひこそや    ヲミヱ立つ      タリヒコは十八
                                    (他動詞)

 ヨツキミコ          よつきみこ            代嗣御子      
  
       ミソコホメツキ        みそこめつき              三十九年十月
                                           (上鈴727年)

 ヰソキネハ ウチミテツクル  ゐそきねは うちみつくる    ヰソキネは     打身で造る
                                             (鍛造)   (⇔鋳造る)

 チツルキオ アカハタカトモ  ちつるきお あかはたかとも    千剣を       "アカハタカ" とも

 ナオツケテ オシサカニオク  つけて おしさかおく    名を付けて     忍坂に置く

 コノトキニ シトリヘタテヘ  このときに しとりへたてへ    この時に      垂り侍 達侍

 オホアナシ ユミヤハツカシ  おほあなし ゆみやはつかし    大老仕       刃造仕

 タマヘカミ アマノオサカヘ  たまへかみ あまのおさかへ    尊瓮守       天の央界侍

 チノヘキヘ タチハカセヘノ  ちのへきへ たちはかせへの    地の僻侍      太刀佩かせ侍の

 トシナヘオ アハセタマワル  としなへお あはせたまわる    十品侍を      合せ賜わる
  
  

 ニシキミコ チツルキウツス  にしきみこ ちつるきうつす    ニシキ御子     千剣 移す

 イソノカミ カミカカスカノ  いそのかみ かみかすかの    石上        神が春日の
                                 (争の籠)        (春日県主)

 イチカワニ ツケオサメシム  いちかわに つけおさめしむ    イチカワに     告げ納めしむ

 ニシキミコ ツカサトナセル  にしきみこ つかさなせる    ニシキ御子     司となせる
                                       <イチカワを石上の>
  
 ムソヨトシ サミタレヨソカ  むそよとし さみたれよそ    六十四年      五月雨四十日
                                 (上鈴752年)

 フリツツキ イナタミモチニ  ふりつつき いなたみもちに    降り続き      稲田みもちに

 イタミカル キミニモフセハ  いたみかる きみもふせは    傷み枯る      君に申せば

 ミツカラニ カセフノマツリ  みつからに かせふのまつり    自らに       カセフの祭

 ナシマセハ ヤハリワカヤキ  なしませは やはりわかやき    なしませば     やはり若やぎ

 ミツホナル カエリモフテノ  みつほなる かえりもふての    瑞穂成る       返り詣での

 ホツミオモ ミツカラマツリ  ほつみおも みつからまつり    果実をも      自ら祭り
                                (果実の祭)

 タマフユエ クニユタカナリ  たまふゆえ くにゆたかなり    給ふ故       国 豊かなり
  
  
 ヤソナホノ キサラキヰカニ  やそなの きさらきに    八十七年の     二月五日に
                                 (上鈴775年)

 ニシキミコ イモトニイワク  にしきみこ いもといわく    ニシキ御子     妹に曰く

 ワレヲヒヌ ミタカラモレヨ  われをひ みたからもれよ    「我 老ひぬ     御宝守れよ」
                                           (千剣)

 ヲナカヒメ イナミテイワク  をなかひめ いなみいわく    ヲナカ姫      辞みて曰く

 タオヤメノ ホコラタカクテ  たおやめの ほこらたかくて    「嫋女の      祠 高くて」

 マタイワク タカケレハコソ  またいわく たかけれはこそ    また曰く      「高ければこそ

 ワカツクル カミノホコラモ  つくる かみのほこらも    我が造る      神の祠も
                                           (争の神)

 カケハシノ ママトウタエハ  かけはしの ままうたえは    懸梯の       まま」と訴えば

 ヲナカヒメ モノヘトチネニ  をなかひめ ものへとちねに    ヲナカ姫      モノベトチネに

 マタサツク          またさつく            また授く
                              <懸梯を>
 
        タニハミカソカ         たにはみかそ                丹波ミカソが

 イヱノイヌ ナハアシユキカ  いゑいぬ あしゆきか    家の犬       名はアシユキが

 クヒコロス ムシナノハラニ  くひころす むしなはらに    食ひ殺す      狢の腹に

 ヤサカニノ タマアリオサム  やさかにの たまありおさむ    ヤサカニの     珠あり 納む

 イソノカミ          いそのかみ            石上
  
       ヤソヤフミソカ        やそやふみ              八十八年七月十日
                                           (上鈴776年)

 ミコトノリ ワレキクムカシ  みことのり われきくむかし    御言宣       「我聞く 昔

 シラキミコ ヒホコカツトノ  しらきみこ ひほこつとの    新羅御子      ヒボコが苞の

 タカラモノ タシマニアルオ  たからもの たしまあるお    宝物        但馬にあるを
                                          (出石神社)

 イマミント ヒホコカヒマコ  いまと ひほこかひまこ    いま見ん」と    ヒボコが曽孫

 キヨヒコニ サオシカヤレハ  きよひこに さおしかやれは    キヨヒコに     差使遣れば

 タテマツル          たてまつる            奉る
  
       ハホソアシタカ        はほそあしたか              "ハホソ" "アシタカ"

 ウカカタマ イツシコカタナ  うかかたま いつしこかたな    "ウカが珠"     "イツシ小刀"

 イツシホコ ヒカカミクマノ  いつしほこ ひかかみくまの    "イツシ矛"     "霊鏡" "奠の

 ヒモロケス イテアサノタチ  ひもろけす いてあさたち    胙据"        "イテアサの太刀"

 ヤツノウチ イツシコカタナ  やつうち いつしこかたな    八の内       イツシ小刀

 ノコシオキ ソテニカクシテ  のこしおき そてかくして    残し置き      袖に隠して
                                                <御前に>

 ハキイツル スヘラキコレオ  はきいつる すへらきこれお    佩き出づる     皇これを

 シロサステ ミキタマハレハ  しろさて みきたまはれは    知ろさずて     御酒 賜はれば

 ノムトキニ ハタヨリオチテ  のむときに はたよりおちて    飲む時に      肌より落ちて

 アラワルル          あらわるる            露わるる
  
       キミミテイワク        きみいわく              君見て曰く

 ソレナンソ ココニキヨヒコ  それなんそ ここきよひこ    「それ何ぞ」     ここにキヨヒコ

 カクシヱス ササクタカラノ  かくしゑす ささくたからの    隠し得ず      「捧ぐ宝の

 タクイナリ キミマタイワク  たくいなり きみまたいわく    類なり」      君 また曰く

 ソノタカラ アニハナレサル  そのたから あにはなれさる    「その宝      あに離れざる

 タクイカト ヨツテササケテ  たくいかと よつてささけて    類か」と      よって捧げて

 オサメオク          おさめおく            納め置く
  
       ノチニヒラケハ        のちひらけは              後に開けば

 コレウセヌ キヨヒコメシテ  これうせ きよひこめして    これ失せぬ      キヨヒコ召して

 モシユクヤ コタエモフサク  もしゆくや こたえもふさく    「もし行くや」    答え申さく

 サキノクレ コタチミツカラ  さきくれ こたちみつから    「先の暮      小太刀みずから

 キタレトモ ソノアスノヒニ  きたれとも そのあすのひに    来たれども     その翌の日に

 マタウセヌ キミカシコミテ  またうせぬ きみかしこみて    また失せぬ」    君 畏みて

 マタトワス オノツトイタル  またとわ おのつといたる    また問わず     自づと到る

 アハチシマ カミトマツリテ  あはちしま かみまつりて    淡路島       神と祭りて
                                            (出石神社)

 ヤシロタツ          やしろたつ            社 建つ
                                  (他動詞)
  
       コソホキサハヒ        こそきさはひ              九十年二月一日
                                                                       (上鈴778年)

 ミコトノリ カクオモトメニ  みことのり かくもとめに    御言宣       「を求めに

 タシマモリ トコヨニユケヨ  たしまもり とこよゆけよ    タジマモリ     トコヨに行けよ

 ワカオモフ クニトコタチノ  おもふ くにとこたちの    我が思ふ      クニトコタチの

 ミヨノハナ          みよのはな            御代の木」
 
       コソコホサシヱ        こそこさしゑ              九十九年サシヱ
                                            (上鈴787年)

 アフミハヒ キミマカルトシ  あふみはひ きみまかるとし    七月初日      君罷る 歳

 モモミソナ ミコノモハイリ  ももみそな みこもはいり    百三十七      皇子の喪還入り
                                          (ヲシロワケ)

 ヨソヤヨル ハニタテモノシ  よそやよる はにたてもの    四十八夜      埴奉物し

 シハスソカ スカラフシミニ  しはす すからふしみに    十二月十日     菅原伏見に

 ミオクリノ タヒモカカヤク  みおくりの たひかかやく    回送りの      灯も輝く

 カミノミユキソ        かみみゆきそ          神の御幸ぞ
  
  
 アクルハル ヤヨヒニカエル  あくるはる やよひかえる    明くる春      三月に帰る
                                   (上鈴788年)

 タシマモリ トキシクカクツ  たしまもり ときしくかくつ    タジマモリ     研ぎ優ぐ芳ぐ果

 フソヨカコ カクノキヨサホ  ふそよかこ かくのきさほ    二十四篭      橘の木四差

 カフヨサホ モチキタルマニ  かふよさほ もちきたるに    株四差        持ち来たる間に

 キミマカル ミヤケナカハオ  きみまかる みやけなかはお    君 罷る       土産半ばを

 ワカミヤエ ナカハオキミノ  わかみやえ なかはおきみの    若宮へ       半ばを君の
                               (ヲシロワケ)

 ミササキニ ササケモフサク  みささきに ささけもふさく    御陵に       捧げ申さく
  
  

 コレヱント ハルカニユキシ  これと はるかゆき    「これ得んと     遥かに行きし
                                   (橘)

 トコヨトハ カミノカクレノ  とこよとは かみかくれの    トコヨとは     尊の隠れの
                                            (君の死)

 オヨヒナキ フリオナシムノ  およひなき ふりなしむの    及びなき      風を馴染むの
                                           <所>

 トトセフリ アニオモヒキヤ  とせふり あにおもひや    十年経り       あに思ひきや

 シノキヱテ サラカエルトハ  しのきて さらかえるとは    凌ぎ得て      更 帰るとは

 スヘラキノ クシヒニヨリテ  すへらきの くしひよりて    皇の        貴霊によりて

 カエルイマ ステニサリマス  かえるいま すてさります    帰る今       すでに更ります

 トミイキテ ナニカセントテ  とみいきて なにとて    臣 生きて      何かせん」とて

 オヒマカル          おひまかる            追ひ罷る
  
       モロモナンタテ        もろなんたて              諸も涙で

 カクヨモト トノマエニウヱ  かくもと とのまえうゑ    橘四本        殿前に植え
                                          (珠城宮殿)

 カフヨモト スカハラニウユ  かふよもと すかはらにうゆ    株四本        菅原に植ゆ
                                          (菅原伏見陵)
  
  
 ノコシフミ ミコミタマヒテ  のこしふみ みこたまひて    遺し文       皇子 見給ひて
                                            (ヲシロワケ)

 カクキミカ ハナタチハナハ  かくきみか はなたちはなは    「橘君が      ハナタチバナは
                                 (橘モトヒコ) 

 カレカツマ オシヤマヤリテ  かれつま おしやまやりて    故が妻」      オシヤマ遣りて
                               (タジマモリ)

 ヨハシムル チチモトヒコト  よはしむる ちちもとひこと    呼ばしむる     父モトヒコと

 ノホリクル ミコヨロコヒテ  のほりくる みこよろこひて    上り来る      皇子喜びて

 モトヒコニ ユルシハタマヒ  もとひこに ゆるしはたまひ    モトヒコに     許し衣 賜ひ

 モオツトム          もおつとむ            喪を務む
  
       ハナタチハナカ        はなたちはなか              ハナタチバナが

 サツキマツ ヨハニウムコニ  さつきまつ よはうむこに    五月末       夜半に生む子に

 ミコトノリ ムカシノヒトノ  みことのり むかしのひとの    御言宣       「昔の人の

 トム ヲトタチハナト  をおととむ をとたちはなと    緒を留む      ヲトタチバナ」と

 ナオタマヒ ニタルスカタノ  たまひ たるすかたの    名を賜ひ      似たる姿の
                                     <タジマモリに>

 オシヤマニ トツクハハコモ  おしやまに とつくははこも    オシヤマに     とつぐ母子も

 ヲンメクミ フカキユカリノ  をんめくみ ふかきゆかりの    御恵み       深き縁りの
                                      <オウスとの>

 タメシナルカナ        ためしなるかな          ためしなるかな
                                  (運命)
  
  

 最終更新:2016/07/09

  

 リンク先の説明文中
 ★印のついたものは他の文献・サイトからの引用。
 ■印のついたものは筆者の個人的な意見です。

  

  

 【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
 【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
 【ホツマツタエのおもしろ記事】