いし  イシ  isi
ゐし  ヰシ  wisi

  

【美し・(好し/斎し)】
A: (心に)合う如し。好まし。ふさわし。
D: 正の方向に離れる如し。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」如し

いしくもこえり それやゑは むかしふたかみ くにしらす』ホ23
いしうらの よこたておよひ たこゐなき ちちかいなきお ひきつれて』ホ38

 
いす(和す/斎す)」+「し(形容詞語尾)」の合成。

変態:「おし(惜し)」「ほし(欲し)」「よし(好し)」「はし(愛し)
類語:「おいし(美味し)」「うまし(美味し)」「あまし(甘し)」「うれし(嬉し)

 
 

【(大人・長・主)】
治める者。上司。中心にある者。中軸。 =うし(大人)をさ(長)ぬし(主)

『みかつちの なりわたるなの ゆみとりの もののへかみの かなめいしミ逸

 
いす(結す/秀す)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・収(治)める」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「よし(寄し)うし(大人)」「をさ(長)」「ぬし(主)

 
 

【石】
(岩が砕けて)小さくなったもの。細かくなったもの。

『はにうつほ うけてははいし すかはたま』ホ15
いしたまの ふなるはつきす あらかねの みつはほねりて いろかわる』ホ15
『おほさかも つきのかおそえ いしむらお たこしにこさは こしかてんかも』ホ34
『かみのしらいし もちかえり ねやにおくいし なるおとめ』ホ34
『みくさはまつる みなもとと いやまひかえす あくらいしホ36

全部見る 

 
いす(卑す・低す・減す)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

類語:「いさこ(砂子・砂・沙)」「まさこ(真砂)」「すな(砂)

 
 

【(居し・礎)・椅子】
1.(何かを)据える場。置き場。敷地。器。
2.分割。区分。区画。位置。

『ねしゑいしすゑ はしらたて なかすみはしら みなみむき』ホ21
『みちもののへら しらゐしに つるきおかみて ものぬしか』ホ23
いしへして ひかせおおやに つくらせて いとなみなりて』ホ27
『かみのしらいし もちかえり ねやにおくいし なるおとめ』ホ34

 
ゐす(居す/出す)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・収める・置く・据える」、また「B: 離す・分ける・限る・区切る」などの意。

変態:「いす(椅子)
類語:「ゐしき(居敷)」「しき(敷)」
関連語:「ゐしかる(居敷かる)」
派生語:「いしすゑ(礎)

 
 

【(逸・枝・支)】
分れ。それ。派生。派出。

『みはむゐしなお ゐつわけて なかすゐしかわ せきいれて』ホ24

 
ゐす(出す・逸す)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・派生する」などの意。

類語:「ゑた(枝)

 
 

【(揺)】
揺すり。揺れ。動揺。

『われはあかこの みちうけて ひとなるかえの いしつつお すすめうやまふ』ホ16

 
いす(揺す)」の名詞化。
ここでは「C: 行き来する・揺れる・動揺する」などの意。

 
 

【(結)】
合うさま。添うさま。沿い。近隣。

いす(結す)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・寄る・添う」などの意。

類語:「たこ(集・宅)

  

10/01/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】