ほし  ホシ  hosi

  

【欲】
心を合せるさま。執着。欲。

『いきのうち ほしおはなるる これはすすかそ』ホ13
ほしゐおされは すすかなり たからほしきは すゑきゆる』ホ13
『すくなれは またよくうまれ よこほしは あゑかえらぬそ』ホ13
『かのほしお うらやむひとか かむゆえに たまのをみたれ』ホ13
『みやひなけれは みもかるる かれていろほし なんのためそや』ホ17

全部見る 

 
ほす(欲す)」の名詞化。
ここでは「A: (心を)合わす」の意。

 
 

【欲し】
A: 心を合わす如し。

『ほしゐおされは すすかなり たからほしきは すゑきゆる』ホ13
『をのこほしくは あくりなせ わかみおそゑて ゑさしめん』ホ14
ほしきおも ゐゑわさなせよ とほしくと ぬすまはかるる』ホ17
『ねこえのういの みをしゑお きかまほしけの こひねかひ』ミ10
『ありつよの はらみつほしき ちりおひるめし』ホ40

全部見る 

 
ほす(欲す)」+「し(形容詞語尾)」の合成。

変態:「おし(惜し)」「いし(美し)」「はし(愛し)」「よし(好し)
派生語:「ほしさ(欲しさ)

 
 

【星】
1.光るさま。輝くさま。
2.小細なさま。微かなさま。

『そらはたかまの はらのうち めはなにしるも ひつきほしホ17
ほしてるのあは にのひかり さのこかとこれ』ホ21
『もともとあけの みをやかみ ゐますうらには きたのほしホ23
『ふそみかほしは よしあしお はらのにしめす』ミ6
ほしにそみあふ あめはゑな ひつきひとみな あめのえな』ミ6

全部見る 

 ●真后は月に、それ以外の后達は星に喩えられる。 

『めかけとなれる めのつとめ つまおうやまえ めかけめは ほしになそらふ』ホ13
ほしひかり つきにおよはす うつくしも みやにないれそ』ホ13
『こおうむもりは うまぬとき すつるむらほし のりみたる』ホ13
ほしのつかひは あめとみと いんへたまわり みそきなす』ホ30
『またこたえ あにつきひとつ はははつき しもめはほしよ これおめす』ホ32

 ●クニトコタチの神々は天に還って星となる。

『いんしあまかみ ほしとなる これはのりなす』ホ13
『ひもつきもなり こよのほし あめとこたちと わのそひも』ミ序
『くさなきて こほしおまつる ゆきのみや あめとこたちと』ミ6
『ゆみはりにうむ いうとあさ をとたなはたの ほしまつりミ7
『あのよろの ほしおしつめて ありのまま すめはよろこひ ときそありける』フあよろ

全部見る 

 
ほす(秀す/細す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で「光る・輝く」、また「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「落ちる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」などの意。

星は「とこしなえ」に平面的に(絵に書いたように)張り付いていると考えられていたようだ。

 

変態:「ほそ(細)」「ぽち(点)」「ぽつ」

  

10/03/08

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】