いさこ  イサコ  isako
いさこひめ  イサコヒメ  isakohime

  

<人名>
イサナミ斎名

『ひめのいさこと うきはしお はやたまのをか わたしても』ホ2
『ゐよたまきねの いさこひめ ななよのかみの たかひとと』ホ28

 
いさ(結・和)」+「こ(子)
「こ(子)」は慣例的に女子の斎名に付する。

  
 

【砂子・砂・沙】
小さくなったもの。細かいもの。砂。

『つひにきかやも こかねさく いさこうみこも しかしかと』ホ11

 
いさく(卑さく・低さく・減さく)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「縮小する・減退する・落ちる・劣る・勢いを失う・静まる・敗れる・終わる」などの意。

類語:「まさこ(真砂)「いしころ(石ころ)」いし(石)」「すな(砂)」「さされ(細)

  

09/12/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】