うたふ  ウタフ  utafu
うたゆ  ウタユ  utayu

  

【歌ふ・訴ふ】
A: 合わす。現す。表す。継ぐ。連ねる。綴る。
B: 離す。放つ。発す。宣る。

『あわのうた かたかきうちて ひきうたふホ1
『おのおのともに うたはしむ いなむしはらふ わかのましない』ホ1
『くりかえし みもむそうたひ とよませは むしとひさりて にしのうみ』ホ1
『とうたえは かせやみふねは こころよく あわにつくなり』ホ1
うたひはらめと つきみてす ゑなやふれうむ ひよるこの あわとなかるる』ホ3

全部見る 

 
うつ(打つ/棄つ)」と同義語「たふ(留ふ/投ふ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・継ぐ・告ぐ・連ねる」、裏を返して「B: 離す・放つ・発す・宣る」などの意。

派生語:「うたゑ(訴え)

 
 

【(熟達ふ)・謳う】
D: 正の方向に離れる。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『かみとなること あすききて おひまかるもの みそみたり よにうたううた』ホ31

 
うつ(熟つ)」と同義語「たふ(達ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「ふとる(太る)」「いたる(至る)

  

10/02/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】