みをや  ミヲヤ  miwoya

  

【御祖・上祖・先祖】【(熟老・御上)・太上】
1.源流・上流・上位にあるもの。 =みうゑ(御上)をや(親・祖)うえ(上)
2.1の尊称。御祖。
3.先祖。上祖。根源。

『おおやますみの こたえには みをやのしるす うたにあり』ホ4
『たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
『もろかんたちも しかときけ きみはいくよの みをやなり』ホ6
『もともとあけの みをやかみ そはのとほかみ ゑひための』ホ17
『みなかぬし やおもにうめる ひとはほし ほしはたねなす みをやかみホ18

全部見る 

 ●あめのみをや(陽陰の上祖)の略。

みをやのめくる ほおこほお いまおのころと なまるかや』ホ18
みをやことのり ほしとなす あめにかかりて このひとつ』ミ5
みをやのそはに やもとかみ まもるとほかみ ゑひための ゑとのことふき』ミ6

 ●みをやあまきみ(御祖天君)の略。

みをやつくしに くたるとき をしてはもちて みかかみは』ホ30
みをやつくしに ひたるとき かみのをしては たけひとに』ホ30

 
[1]
「みをや」は「みをゆ」の名詞化。
「みをゆ」は「みゆ(満ゆ・熟ゆ)」と同義語「をゆ(老ゆ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・先行する・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。
[2]
み(上・大・御)」+「をや(祖)

変態:「ゑをや(熟老)」「うをや(熟老)」「みうゑ(御上)」「おおゑ(太上)
類語:「をき(翁)」「をきな(翁)」「をちををち(老翁)
派生語:「あめみをや(陽陰上祖)

  

10/07/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】