みふ  ミフ  mifu
みゆ  ミユ  miyu

  

【見ゆ・(和ゆ・結ゆ)】
A: 合う/合わす。(心身を)合わす。気づく。思う。知る。擬える。試す。実現する。

『わかかんはせも あえみえす はちはつかしく あめにこふ』ホ13
『つねにめくれと みゑなくて みつのめくりお みることく うつほはみゆるホ17
『すへいれて もものをしての なかにあり あやしけけれは あちみえす』ホ27
『みやこうつさん くにみよと みことおうけて めくりみる』ホ29
みよみまき いりひこあわや おのかそゑ ぬすみしせんと』ホ33
『ももそひめ おおものぬしの つまとなる よにはきたりて ひるみえす』ホ34
『あめうしにもの おほせやり あらしとゆけは うしみえす をきなのいわく』ホ34
『いたるあそくに よもひろく いゑゐみえねは ひとありや きみのたまえは』ホ38

 
変態:「みる(見る)」「むる(群る)」「もる(守る)」「いる(入る・居る)」「あふ(合う)
派生語:「みは(御衣)」「みほ(水火)」「みはる(見張る)」「みあえ(御饗)」「みよ(和・結)」「みや(和・宮)」「みやひ(見結)」「みやす(見和す)」「まみゆ(見ゆ)」「みよをさまる(和よ治まる)」「みわく(見分く)」「みお(三尾・和)」「みほ(美保・和)」「みひき(水引)」「みはか(陵)」「みはえ(見映え)

 
 

【(放ゆ・罷ゆ)】
B: 離れる/離す。分ける。限る。

変態:「まる(放る)」「いぬ(去ぬ)

 
 

【(回ゆ・廻ゆ・巡ゆ・周ゆ)】
C: 回る/回す・行き来する/させる。

変態:「まふ(回ふ)」「まる(転る)
派生語:「みゆき(御幸/神逝)」「みやつ(宮津)」「みや(回)」「みやけ(土産)」「みやこ(都)」「みはか(陵)

  
 

【(上ゆ・斎ゆ・満ゆ・美ゆ・雅ゆ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る・中心にある」

変態:「いゆ(癒ゆ・斎ゆ)」「まふ(舞う)」「もゆ(燃ゆ)
派生語:「みや(宮)」「みをや(御祖)」「みやひ(雅)」「みやゐ(宮居)」「みほこる」「みほ(美保)」「みあえ(御饗)」「みうん(満熟ん)」「みほこ(儲)」「みやつ(雅つ)」「みゆ(湯)」「みゑ(見栄・三重)

 
 

【(惨ふ・貧ふ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・端にある・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」

変態:「ひゆ(冷ゆ)」「める(減る)」「もる(漏る)
派生語:「みゆき(み雪)

  

09/12/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】